低金利でおすすめのカードローンで審査に通りました

人生これから。還暦を迎えてもやりたいことは諦めません(男性/60代)

男性/60代定年を迎えてみると、やりたいことがどんどん湧いてきました。

会社で事務員をしていた頃は様々な縛りを守り、自分の主張はできるだけ押し殺してきました。
そうしなければ、会社なんて生きられないですからね。

私は会社と家族一筋に、自分のやりたいことは二の次にしてがむしゃらに働いてきました。

定年を迎えて、約束通り退職金のすべては妻に預けることにしました。
もちろん自分の自由に使えるお金は少しだけ残しておいて、趣味に使えるようにしてあります。

それでも会社を辞めた後は時間があるので仲間と旅行にでかけては、
昼間から酒で浪費するうち、あっという間に貯金は底を尽きましたね。

実はまだ妻には内緒ですが、子供たちに剣道を教える道場を作るのが私の夢で、いまだに諦めてはいません。

まだ体が自由に動くのだから、今のうちにチャレンジできることはやっておこうと思ったのです。
さっそく銀行へ出向きました。

銀行の方は低金利の銀行カードローンがあるので、利用してみてはどうかと言うのです。

少ない可能性かもしれませんが、さっそくダメ元でカードローンに申し込みました
意外にもすんなり融資が通り、夢が一歩近づいた気持ちでしたね。

今は還暦を迎えても若々しい人ばかり——。私は生涯現役を目指して、一歩前に踏み出したところです。

よくある質問

低金利のカードローンでおすすめはありますか?

カードローンを利用する時に、低金利の条件を選びたい人は大多数でしょう。

低金利のカードローンで人気なのは、銀行系カードローンです。
定期的な収入がある方で条件が合えば、銀行系カードローンを利用するのは大変有効だと言えるでしょう。

銀行カードローンは信頼性が高く人気があるので、融資も厳しめとなります。

厳しめな分、融資完了までに時間を要する可能性もありますので、余裕を持って申し込みするようにしましょう。

万が一急にお金が必要になり、今すぐにでも用意したいのであれば、
銀行系以外のカードローンの方が審査時間を短縮できます。

ケースバイケースでカードローン会社を使い分けるとよいでしょう。

いざという時に備えて、あらかじめお得なカードローンを比較・検討してから
申し込みをしておくと、慌てずに済みますね。

カードローンは65歳までが限度でしょうか?

カードローンには当然ながら、年齢制限があります。

企業にもよりますが、65歳未満や65歳以下など規定がされていますので、
年齢制限が気になる方は条件を確認するとよいでしょう。

カードローンは、返済能力があるかどうかが肝になります。

お金を借りたら返すのがルールなので、無職で収入の見込みがない場合はお金を貸してもらえません。

ある程度の年齢に達した場合は年齢制限を気にする必要が出てきますが、
基本的にカードローンを利用できるかどうかは、定期的な収入があるかどうか重要です。

融資を受けたらどのくらいの期間で返済できるのかを考えたうえでの利用がベストです。

年配の方の融資で気を付けることはありますか?

金融機関では、融資に年齢制限を設けていますので、当然ながら年齢が高くなるとお金を借りにくいのが実情です。

何社か審査を受けても融資受けられない状況になった場合は、
精神的に追い詰められてしまい、違法なローンに手をだしてしまう可能性が高くなってしまうのです。

違法に高い金利でお金を借りると、後で必ず返済できないなどのトラブルを抱えてしまいますので、
一時的な焦りから判断を誤ることがないよう気を付けたいものですね。

厚生年金や国民年金を担保にお金を貸す行為は違法です。法律で定められた金利を超える融資も違法となります。

違法な企業を利用は審査が簡単で借りるのは簡単になっていますが、
当然ながら返済への負担は大きく、多重債務に陥る方も多くいます

もし本当に困ったら、地方自治体の相談窓口を利用するなどの救済手段を頼るのもひとつでしょう。