恋人の生活が苦しい時におすすめなのはカードローン

恋人の夢をかなえる手助けをしたいけど…。(男性/30代)

男性/30代今お付き合いしている恋人は劇団に所属していて将来は俳優、という夢をもっていました。

最近いい役につけるようになってきたと嬉しそうに報告してくるのですが、
私はその話を聞くのが大好きでした。

しかし、劇団員というのは収入的にも苦しいものです。

彼女の生活は苦しそうで何とか援助ができないかと会うたびに考えてしまいます。
しかし、私もフリーターとして生活しているので自分一人が生活するのに精一杯です。

それでもまだ、私は彼女よりも余裕のある生活ができていました。

そんなことを職場の同僚に相談していて、おすすめされたのがカードローンです。

計画的に使えば支払っていけないものではないとわかった私は後日、
さっそく使ってみて彼女の生活費の充てることにしました。

彼女は申し訳なさそうにしていましたが、彼女には夢を目指してもらいたいと思っています。

その後は彼女の生活費が厳しい時には私が支払ったり、キャッシングを利用して支払ったりと利用しています。

自分の支払いが少し大変にはなりましたが、彼女の夢を支えてあげると思うと
仕事にも身が入るようになり、給料も上がりました。

今では結果的には以前とあまり変わらない生活ができるようになりました。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

結局どこの業者のカードローンがいいの?

カードローンを扱う金融機関はたくさんあって迷いますよね。

種類的には、消費者金融のカードローンと銀行が扱うカードローンがあります。
それぞれに良さがありますが、扱いやすさで人気があるのはCMでもおなじみの大手消費者金融です。

パソコン・携帯・スマホで申し込めますのでどこでも利用ができます。

もちろん、土日祝日でも利用可能となっています。
女性にもうれしい専用のサービスがありますので、女性にしかない悩みも相談できますよ。

もちろん銀行カードローンにも金利の低さなどのメリットがありますので、
ご自身の状況合わせた利用をするのがいいでしょう。

気軽さやスピーディーな審査を重視するなら消費者金融、金利の低さや
イメージを重視するなら銀行カードローンが向いているのではないでしょうか。
   

銀行カードローンと消費者金融カードローンの差は?

「お金を融資してもらうのならどちらも同じでは?」とお考えかもしれませんが、
銀行と一般の消費者金融には違いがあります。

消費者金融の方が審査の速さや融資までの時間、借入・返済の速さといった利便性においては一歩上を行きます。

銀行の方は金利の安さでしょう。
これは金利の計算方法が違うために起きるのですが、高額になると銀行の方が金利を安く抑えることができます。

ちなみに適用される法律にも違いがあります。

銀行の方は銀行法、消費者金融は賃金業法という法律が適用されますが、
ここで注目しておきたいのは消費者金融の方です。

近年の法律改正により、年収の3分の1までしか借りられなくなっているのです。

銀行の方はこの点、年収に対する制限はありません。
このような点に注目して、自分にとってのおすすめのカードローンを見つけるのもよいでしょう。

延滞してしまった!どうすればいいですか?

カードローンの延滞はやってはいけないことです。

しかし、時には起きてしまうことでもありますし、延滞してしまった場合を想定しておくことも必要でしょう。
慌てず、素早く行動する必要があります。

まず、延滞してしまった場合はすぐに担当の方に連絡しましょう。

延滞記録は消えることはありませんが、連絡せずに悪印象を与えるよりもマシです。
連絡後はできるだけ早く返済を済ませるようにしましょう。

また、延滞中はカードローンの利用はできなくなるので注意してください。

なお、延滞してすぐにローンの利用停止、ということにはなりません。
数日間の延滞でしたら、個人信用情報センターには登録されることはほぼないので安心してください。

ただし、ご利用の金融機関にはしっかりと記録されますので注意しましょう。

何はともあれ返済日はしっかりと守りましょう。