今すぐお金がいる人のためのキャッシング指南

こんなにお金がかかるとは思っていなかった(男性/20代)

男性/20代それほど裕福な家庭に生まれたわけでもありませんが、高校は私立に進学しました。

そこで両親に無理をかけてしまったので、大学では費用の少ない国立へ進学しようと決め、見事に受験に合格しました。これからやっと華の学生生活が始まるのだと、楽しみにしていました。

しかし、実際に大学へ進学してみて思うのは、
大学生活には想像以上にお金がかかるということです。

奨学金を使って、アルバイトをしながら学生生活を送っていたのですが、これがまた次から次へとお金がかかるのです。

勉強のための教科書や毎日の食費はもちろん、サークル活動費や友達との交際費、
さらに彼女ができたら多大なるデートの費用がかかるようになりました。

充実しているのはいいことですが、勉強の片手間でやっているアルバイトでそれほど稼げるわけもなく……。

出費がかさむ時期に、お金を手に入れる方法を探すようになりました。

ある日、突然の出費でお金がいる時はどうすればいいのだろうと考えて
スマホで調べていたら、カードローンを使えばいいという情報を見つけました。

なんでも、アルバイトで働いていればお金が借りられるということで安心できました。

申し込みをして、審査を受けて、ついに融資を受けました。
学生でお金を借りるなんて無理だと思っていましたが、意外と簡単に手続きできたので良かったです。

まさか、大学でここまでお金がかかるとは思っていませんでした。

よくある質問

学生でもお金を借りられるの?

私も初めは、消費者金融でお金を借りられるのは社会人だけだと思っていました。

しかし、実は20歳を超えていれば誰でもカードローンを利用できるのだそうです。

学生なので、学生ローンを使おうかとも考えたのですが、将来的にも続けて利用することを考えると、
今のうちから消費者金融を使っておいた方がいいと思ったので、こちらを選びました。

ちなみに、学生ローンは社会人になっても引き続き使えるそうです。

学生向けに限度額が低く設定されている学生ローンですが、社会人になってもまだ使っている方は少なくありません。
あなたのニーズに合わせてどちらを使うか選んでみてください。

学生生活は思った以上にお金がいるので、あなたの周囲にもお金を借りている学生は意外と多いのでいないでしょうか。

カードローンを使っても親御さんにバレない?

実家から離れて一人暮らしを始めた私ですが、カードローンの利用はまだ両親に知られていないようです。

そもそも、カードローンを使っていることは家族にもバレないという認識が一般的だそうですよ。

言われてみれば、消費者金融から連絡が来るとしたら、滞納をした時の請求書や確認の電話くらいなものですから、
遠く離れて暮らしている両親にバレるはずがありません。

友達にひとり、カードローンを使っていることが親御さんに知られてしまった子がいました。

その彼は、なんと支払いを何か月も滞納してしまったので、実家へ連絡が入ってしまったのだそうです。

両親にバレてしまうのは恐ろしいですが、きちんと支払いを続けていれば
情報が漏れることはないというわけですから、それほど気にしていません。

アルバイトでも審査に通れたの?

カードローンの審査には、アルバイトでも合格できました。

そうはいっても、私の給料はそれほどたくさんあるわけではありません。
講義が毎日ありますから、一般的な大学生のアルバイトと同じくらいしか稼いでいない状態です。

ところが、カードローンの審査で見られるのは収入の高さではなくて、
収入が毎月きちんとあるかどうかという点なのだそうです。

これなら、大学生のアルバイトでも安心して申し込みできそうですね。

中には、仕送りだけで審査に合格できるかと考える学生もいるかもしれませんが、
実際には仕送りだけでは難しいそうです。

あくまで、自分に支払い能力があるかどうかという部分が見られます。

現在アルバイトをしていないけれどもお金が必要なら、
まずは少しでもいいから働いて自分で稼げるようになるといいでしょう。