お金がないピンチの時はどうすればいい?

パート収入では生活費がまかなえないんです (女性/60代)

女性/60代50代で夫に先立たれ、それからは一人娘を育て上げるのに必死で生きてきました。

夫が亡くなって入ってきたお金もありますが、
将来娘が結婚するときのために手を付けず、そのままにしてあります。

苦労かけた分、嫁に出すときくらいは盛大に祝ってやりたいと思うのが親心ですよね?

パートで身を粉にして働いてきましたが、歳のせいでしょうか。
時々、動けなくなるほど疲れが溜まり、寝込んでしまうんです。

もちろんそんな時は仕事は休まなければいけませんし、次回の給料だって少なくなります。

仕事を掛け持ちしても、得られる収入は正社員に遠く及びません
体調不良で出勤できなかったときの生活費は厳しい…の一言で。

娘は仕事の都合で都内に独り暮らしをしていますが、週末に時間があるとよく一緒に食事に出かけたりもします。

お金がないからと言って、娘にお金を貸してほしい…とは口が滑っても言えません。
どうすればいいか考えた末、この年齢でも申し込めるカードローンを利用してみようと考えました。

まだ60歳になったばかりだったからか、仕事があったからなのか分かりませんが、
無事にローンが使えるようになりました。

いざという時に心の支えになってくれるようで、今までとは安心感が全く違いますね。

思い切って申し込んでみて本当に良かったです。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

フリーターが借りられる金額はどのくらいでしょうか?

ローンの限度額は、10万円から数百万円まで幅広くあります。

フリーターがどのくらい返済能力があるかで限度額が設定されますので、
いくらです!とはっきり言うことはできません。

たとえば、自分の年収が200万円でしたら、総量規制で年収の3分の1の金額
66万円まで借りることがルール的には可能でしょう。

ただし、銀行系カードローンは総量規制対象外となるため、年収額によらずにお金を借りることも可能です。

お金の世界は少し特殊で、今まで利用したことない人が高く評価を受けるとは限りません。

真面目な人を求めているのではなく、今まで利用したことがあり、
きちんと返済を続けた履歴が残っているかを評価しています。

これまでお金を借りたことがないんだから、当然審査は通りやすいだろうと思いがちですが、実はそうではないのです。

ローンには限度額が必ず存在していますが、あくまで自分が返済できるプランを
きちんと立てた上で申し込みを行うのが一番よいでしょう。

お金を借りたことを家族には知られませんか?

ひと昔前は、ローンの申し込みをすると家族に知られるのではないかと心配になりますよね。

カードローンが家族にバレる可能性は以下の通りです。

  • 本人確認の電話が自宅にかかってくる
  • カードローンの利用明細が自宅に送付されてくる
  • 催促の手紙が自宅に届く
  • ローンカードが自宅に届く

こうしみると、郵送で家族に知られるケースが多いのだと分かります。

今はこうした郵送物をなるべく無くす企業が増えています。

電話も携帯電話がありますので、連絡は携帯限にすることもできますし、
催促を受けないようにきちんと返済すればいいのです。

究極の手段としては、郵送物を局留めにするなどの工夫で完璧に自宅への封書はストップできるので、
ポイントだけ押さえつつ、あまり神経質になり過ぎないのも大切ですね。

よく聞くレディースローンって何ですか?

ローンの種類で、レディースローンという名前を聞いたことはありませんか?

レディースとあるので女性専用かと思えば、男性が利用できると
記載されていたのを見たことがあり、不思議に思っていました。

実はレディースというのは、女性が対応してくれるローンという意味で、
電話緒の応対などをすべて女性が行うので安心…という話です。

世間的にみて、お金を借りるのは男性が多いという偏見がありますので、女性が窓口に行くのは恥ずかしいでしょう。

そんな時に、レディースローンであれば、対応してくれるのが必ず女性ということで安心感はありますよね。
女性が利用しやすいのは間違いなさそうですので、利用するのも一つでしょう。