フリーターは、お金をどこで借りるのがいいの?

フリーター、お金を借りる・・・(男性/20代)

男性/20代私も三十路目前、そろそろ自分の力で生活をしたいと考えてはいるんですが、
なかなか現実というのは上手くいかないものなのです。

親に散々バカにされながら、必死にイラストレーターになる夢を追いかけてきました。

ある時、間が差したというか、友人にたまには気晴らしでもしたら?と、キャバクラにノリで行ってしまったことで、毎月の生活費が不足するようになってしまいました。

アルバイトは限られた日数しか勤務できないので、どうしたものか。そんなとき思いついたのが、カードローンでした。

私は、スマホを片手に低金利・フリーターOK!という金融会社を探し出した時には、迷わず申し込みをしました。
審査は意外と簡単で書類も必要最低限のもので、面倒な手続きはまったくありません。

ローンの審査は無事に通り、自宅にキャッシング専用カードが届きました。

もちろん限度額は決まっていますが、必要な時にいつでも使えます。
フリーターをしていると、情けないことに社会保険料の支払いなどで、給料はあっという間になくなります。

ちょっと羽目を外そうものなら、私のようにすぐに生活が厳しくなってしまいます。

今回カードローンの申し込みが通ったことで、
自分にどこか自信のようなものが生まれたのは不思議なことですね。

よくある質問

フリーターはお金をどこで借りるのでしょうか?

フリーターというと、どこか不安定な職業と思われがちですが、実際にやってみると、意外と稼げるものなんですよ。

それは、フリーターといっても働き方は様々でフルタイム制であれば、正社員と同じ時間帯で勤務する場合もあるからです。ボーナスはなくても、節約しながらなら独り暮らしができる位、給料をもらうこともできます。

私のようにコンスタントな収入があるなら、
アルバイトでもカードローンの申し込みができる消費者金融を使いましょう。

どこで借りるのか迷っているなら、参考にしてみてください。フリーターだからと卑屈になる必要はありません。
真面目に働いているのですから、堂々と審査を受けてみてくださいね。

お金を借りるときの注意点はありますか?

お金を借りる際に注意したい点はいくつかあります。

以前、バイト先に弁護士を目指していた人がいて、カードローンに詳しいということで仲間に色々と教えてくれました。

  • 必要なお金だけを借りる
  • 追加で借入はしない
  • 事前に返済額をシミュレーションする

以上の3点を心がけるようにするとよいですよ。

手続きが面倒だからといって、必要な金額以上に借りないようにしてください。
また、無事に返済できるまで、借りないと心に決めることも重要です。

”借入したお金を、また別の借入したお金で返すこと“で、いわゆる多重債務に繋がるきっかけになります。

しっかりと自分の収支を管理することが大切ですね。
カードローンは一度利用することで、どこか慣れが生まれるものです。

私もきちんとした計画と意思をもって利用しようと、いつも心がけています。

カードローンの審査に必要な書類はありますか?

カードローンを利用する際に必要な書類は、シンプルです。

本人確認のための身分証明書と収入証明が用意できていればOKでしょう。
源泉徴収票というとどこか堅苦しいイメージだし、勤務先にお願いするのも面倒に感じますよね。

そんなときは、住民税決定通知書や課税証明書などを市役所等で手に入れることで代用できます。

金額によっては収入の証明が不要という場合もあるので、それほど神経質に考える必要はありません。

フリーターでもお金を貸してくれることにびっくりしますが、
それ以上に専業主婦でもOKというカードローンもあるのも驚きです。

初めてカードローンを利用するときはどこか緊張するものですが、何事も経験です。

勇気をだして一歩踏みだしてみてください。
自分の知らなかった世界を経験してみるのも社会勉強のうちだと思えば、全然怖くなんてありませんよ。