お金を借りたい!学費と生活費が足りなくてピンチです。

足りない生活費をカードローンでお金をまかなえた(女性/20代)

女性/20代私は将来美容師になるために美容の専門学校に通う学生です。

地元の近くに目指している学校がなかったため、上京し1人暮らしを始めました。親との約束で自立をするべく、学費や生活費などはアルバイトで稼ぎ、自分でお金を払っています

学業との両立は大変ですが、何とか生計を立て頑張っています。

ところが困ったことが1つだけあります。
それは、アルバイトのお給料だけでは、すべての費用をまかなえないことです。

家計は毎月ギリギリな状態で、なるべくお金を浮かせるために
節約もしているのですが、それでも足りません。

アルバイトを増やすことも考えましたが、掛け持ちで働くと学業の両立が難しくなってしまうでしょう。

他の時給が良いアルバイトに変えることも思いつきました。
とはいえ、今のアルバイト先は学校帰りに通いやすくシフトも融通が利くので、できれば変えたくありません。

そんな生活状況を改善できないか考えていると、駅構内の広告で学生ローンの存在を知りました。

学生でアルバイトをしていれば申し込みが可能だったため、利用することに決めました。
学生ローンを学費に充てることで、家計に余裕が出て前より学生生活を充実して過ごせています。

学生で学費や生活費が足りず困っているなら、学生ローンを使うのも1つの手です。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

学生ローンを申し込む条件はありますか?

学生ローンを利用するには、原則として3つの条件があります。

高卒以上で大学生や専門学校生であること、年齢が20歳以上であること、
安定した収入を得られていることの3つです。

そのため、学生であっても20歳未満の人は使えません

一部の業者では18歳以上から借入できるところもありますが、
こちらは保護者の同意がなければ使えませんから、ちょっとハードルが高いかもしれませんね。

学生ローンにおける安定した収入の基準は、消費者金融会社や銀行よりも低く設定されています。

学生という身分ならアルバイトさえしていれば、フルタイム勤務でなくても審査に通れるでしょう。
申し込む際は学生証と身分証が必要です。

ちなみに、社会人も利用できる学生ローンもありますから、
卒業後も継続して使いたい方にはこちらがおすすめです。

即日融資は可能ですか?

私は学費や生活費のために学生ローンを利用しましたが、学生ローンを使う人の中には、
サークルなどの急な誘いでお金が足りないとき、すぐに借りたい方もいると思います。

そんなとき学生ローンが即日融資に対応していると嬉しいですよね。

結論から言えば、学生ローンでも即日融資を受けることは可能です。
即日融資をしたいなら、インターネットで申し込みする方法をおすすめします。

業者に直接足を運び契約するのもアリですが、
学生ローンを取り扱う業者は全国展開をしているわけではありません。

そのため、店舗で申し込むより、インターネットで申し込んだ方が融資までの時間が短くなります。

即日融資を希望するなら、早めの申込みが大事です。
土日祝日だと対応してない業者もあるのでご注意ください。

親に内緒にすることはできますか?

学生ローンを利用する際、多くの人は利用について親御さんにばれたくないと思っているのではないでしょうか。

私も親に内緒で融資を受けたいと思っていました。
ほとんどの学生ローンでは、親の同意を得なくても融資を受けられるので安心です。

親に内緒にして学生ローンを申し込むなら、申し込み方法が重要です。

自宅に郵便物が届かない申し込み方法と言えば、インターネットからの申込でしょう。
必要な案内はすべてパソコン上で確認できるので便利です。

同居している両親に秘密で申し込むなら、基本的にインターネットからの申込みをおすすめします。

それから実家住まいの方が気を付けたいのは、カードを受け取るときです。
カードの受け取りは、郵送か自動契約機での受け取りが基本となります。

郵送で自宅に送られるのが嫌なら、自動契約機で受け取りましょう。

ただし、一部の銀行カードローンには、自動契約機のサービスがない場合もあります。
申し込む前に、利用を検討している銀行が自動契約機を完備しているかどうか確認しましょう。