アルバイトでもお金を借りる手段がありますよ

私はカードローンに救われた一人です(女性/20代)

女性/20代アイドルを目指しながら、アルバイト生活を続けて3年経ちます。

そろそろ年齢的にも普通の仕事をしていたほうが親に説教されずに済むような気がする今日この頃です。そんな中途半端な気持ちでレッスンに取り組んでいたので、実は先生とも微妙な空気に・・・。

レッスンをさぼって、最近ではギャンブルの楽しさを覚えてしまいました。

止めておこうとは思っていたものの、ついつい夢中になり過ぎて、
お財布のお金が数百円になっていた時もありました。

私の銀行口座の残金はあと千円ちょっとで、週末の友だちとのランチもキャンセルせざるを得ない状況でした。

そんな時に思い出したのが、カードローンでした。
バイト先の友だちが利用していたこともあり、いざという時に自分も使おうと思っていたのです。

レッスンには参加しにくくなっていたので、私には時間はたっぷりありました。

カードローンの審査は意外にも簡単で、思っていたよりも早く銀行口座に依頼した金額が振り込まれていました。これで週末の約束も守れると思うと、気持ちは一気に上向きです。

ギリギリの生活で、自分自身を見失ってしまうところでした。

今回カードローンで救われたことをきっかけに、ミュージカルスターへの道を目指そうと思っています。
次回、私がカードローンでお金を借りる理由は、“アメリカ留学のため”になるでしょうね!

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

アルバイトでもカードローンは利用可能ですか?

アルバイトでもカードローンの申し込みは可能です。

さすがに専業主婦となると、利用できる会社が限定されてしまいますが、
パートやアルバイトでも毎月決まった収入がある人は申込をできる場合がほとんどです。

正社員でないからといって、カードローンを諦めてしまうのはとてももったいない話ですよ。

カードローンの返済はクレジットカードのように翌月1回払いではなく、
一定額が決まった日に引き落としされる仕組みです。

アルバイト収入は週5日働けば、それなりの給料にはなりますので、
借りるときは毎月の返済額がいくらになるのかを確認しておくと、あとで慌てずに済みますよ。

カードローンのメリットは何ですか?

カードローンの最大のメリットは保証人不要で、申し込みが簡単にできるところです。

通常お金を借りるときには、面倒な手続きがいるのではないかと思いがちですが、
WEBで申し込みができるのもとても助かります。

一度申し込みを行って専用のカードを持っていれば、いつでも自分の好きなときに
キャッシングサービスが利用できるのは、銀行のキャッシュカードのような感覚ですよね。

簡単に利用できる反面、自分自身の我慢が利かず、どんどん利用してしまいがちなのもカードローンの特徴です。

私の場合も必要な時以外は使わないと決めて、返済についてもいつまでに返すという具合に計画を立ててから利用しないと、気軽さゆえに底なし沼のように自分自身をコントロールできないという状態は避けるように気を付けましょう。

カードローンを利用する際に、用意する書類はありますか?

カードローンの申し込みで必要な書類で代表的なのが、収入を証明する書類です。

カードローン会社には銀行系の会社か、そのほかの消費者金融系なのかで適用される法律が変わってきます。

銀行系であれば、総量規制(借入残高で年収の3分の1までに貸金業者からの借入を制限されること)の対象外なので、
書類の提出が不要になる場合がありますが、ほとんどのケースで書類の提出が必要になります。

具体的には会社員であれば、源泉徴収票・所得証明書などになります。

自営業や個人事業主は、住民税決定通知書や課税証明書です。

利用する限度額によっては不要な場合もあるので、
書類の用意が難しいのであれば、限度額を抑えるのも一つの手ですよ。

また、本人確認書類は、どのケースにも必要になりますので、顔写真付きの証明書などはきちんと住所変更などを行い、
証明書として有効な状態にしておくことをお忘れなく・・・。