お金を借りる審査って、何か不安ですよね?

フリーターは生活費が本当に厳しいです(男性/40代)

男性/40代30代後半までは、普通の会社員だったんです。

しかし、不景気でどんどん人件費削減だといって仕事は増えていくばかりで…。
心がどうにかなる寸前で、好きなことをして生きていこうと決めました。

男性ですので、体力にはまだまだ自信があるつもりです。

今はレンタルショップでアルバイトをしながら生計を立てています。
社会人時代の貯金を少しずつ切り崩しながら、なんとか今までやってきました。

それでも、親が入院をしてしまった時には仕事を休まなければならず、
貯金が一気に無くなり、大きな不安の波が襲ってきました。

私には兄弟はおらず、お金を貸してくれるような友達もいません。

この先生きていくために、お金を借りる手段が欲しい——。

そんな時に駅で久しぶりに会った高校時代の同級生との別れ際に、
カードローンに興味ない?と唐突に聞かれたのです。

どうもカードローン関係の仕事をしているらしいのです。

私はプライドが邪魔をして必要ないふりをしたのですが、パンフレットだけもらって帰宅しました。
見たことあるカードローン会社だし、ダメ元で申し込みをしてみました

すると、後日メールで仮審査の結果が通り、本審査まで進みました。

偶然の成り行きでしたが、こうしてカードローンを使えると思うと、
どこか安心というかこれで何があっても大丈夫!という気がしています。

よくある質問

フリーターでもお金を借りることはできますか?

アルバイトなどで生計を立てるフリーターは、何かと生活費に困ることも多いものです。

正社員には及ばずともフリーターでもフルタイムで働けば、それなりにまとまった給料を貰えます。
多くの金融会社で定期的な収入があれば、カードローンの申し込みができるとしています。

アルバイトやパートタイマーでも可能と、条件に記載している会社も多くありますね。

フリーターというと、どこか不安定なイメージもありますが、きちんと真面目に働いている方がほとんどです。
もし、生活費などでお金が必要になった場合は、カードローンの申し込みをするのもひとつの手段です。

自分の収入の範囲で返済ができるような金額を借りるのであれば、問題ありません。

あらかじめ返済がスタートした時の生活をシミュレーションしておくとよいでしょう。

お金を借りる審査はどのようなものですか?

カードローンは、無担保の個人融資となります。

お金を借りるのですから、当然貸す企業がその方の信用を調べるのは当然の話です。

カードローンの審査の基本は申し込みしてきた人が、
本当に返済能力があるのかどうかを確かめる作業になります。

職業や勤務形態、これまで金融事故がないかどうかなど、企業が独自のノウハウを使い調べるのです。

融資を行う企業からしてみれば、貸し倒れがあっては大変ですので、1人ずつ慎重に審査が行われます。
申込書の内容に誤りがないよう気を付けるのも重要です。

勤続年数なども適当に書くなどもNGです。

お金を借りることはれっきとした契約行為にあたりますので、気を引き締めて臨みましょう。

カードローンの審査には時間がかかりますか?

カードローンの審査には、多少なりとも時間がかかると心得ておきましょう。

即日融資可能と書いてあるから大丈夫…と軽い気持ちでいると、こんなはずじゃなかった——と泣きをみます。
審査にかかる時間もきちんと把握しておくとよいでしょう。

カードローンの審査時間は系統により異なりますので、覚えておくと便利です。

今のカードローンは、審査までの時間は最短30分など大変短くなっているのが特徴です。

比較的審査に時間がかかるとされている銀行系カードローンでも、
即日審査可能としている場合も多く、スピード融資を売りにしている企業がほとんどです。

ただし審査即日とあれば、融資が行われるのは翌日以降かもしれません。

書かれている表示はあくまで“最短の時間”であると考えて、
余裕がある申し込みができるように準備を進めておくのがベストでしょう。