お金を借りる経験をこの先の人生に活かしたい

会社員でも生活費が足りない時だってあるんです(男性/30代)

男性/30代30代になると役職も付いて、自分の仕事をこなす他に部下の育成などが絡み、
だんだんとストレスが増えてくるのが一般的な会社員でしょうか。

私の場合は家族企業に就職したので、きっと一生平社員ではないかと思うくらいです。

それでも働く皆さんの人柄がいいし、このご時世、職場があるだけマシなのかと思っています。
家族経営なので、一般企業のようにボーナスが夏と冬に決まって支給されるわけではありません。

業績がいい時は惜しみなく社員に還元し、
逆に成績不振のときは“今回は申し訳ない…”と社長の一言で、何も言えなくなるんです。

決して裕福とはいえない私でも、大学から付き合ってきた彼女がいます。
30代になりそろそろ結婚も考えていたので、昨年プロポーズし今年の6月に挙式が迫っています。

生活費を節約して貯金に回してきたのですが、まとまった金額にならず、
彼女と結婚資金をどうするかで結論は出ません

入ってくるお金は決まっているのだから、割り切ってお金を借りよう!と彼女に切り出しました
私も返済が終わるまで社員で頑張ると協力的な姿勢で、人生初のカードローンにチャレンジしました。

2人で返済計画も立てて、半年後には完済予定です。

この経験を活かして、幸せな家庭を築いていきたいと思っています。

よくある質問

お金を借りるのは難しいでしょうか?

お金を借りるのは、初めての方にとっては大変勇気がいることだと思います。

ましてや、たくさんの企業からどの会社にするかも予備知識がないと困ってしまうでしょう。
お金が必要になったら、まず借りる目的と金額、返済額を明確にしておきましょう。

どのくらいの期間で返済できるのかをおおよそ把握するのも大切です。

ただ、目の前の金額だけにとらわれると、その後必ず生活基盤が崩れてしまいます。
きっちりとプランを立てて借りれば、カードローンの返済も難しくはありません。

どうしてもお金を借りるのは怖い…と思われがちですが、
それはきちんとしたプランが明確でないために不安になってしまうのです。

何事は道筋を立てて取り組めば、よい方向へ進みます。お金を借りるのは難しくありません

その後の人生計画の方がよっぽど難しいので、いつまでに返済する!と
明確な目標を立てて利用すれば、不安要素も消えるでしょう。

カードローンを利用すると会社への連絡がありますか?

私たちも結婚資金を用意できずに、カードローンを利用したと周囲には知られたくありませんでした。

同居の両親は大学までの学費もすべて面倒を見てくれて、社会人になってからはお金の心配があればいつでも言ってね…と
声をかけてくれる優しい母にどうしても頼りたくはありませんでしたので…。

私たちは、今主流になっているインターネットからの申し込みを利用しました。

調べてみると、WEB上ですべてが完結し、郵送物や会社への電話もないんです。
これなら家族や会社の人に知られずにカードローンが使えます。

お陰で両親に心配をかけずに済んだし、良いサービスがあって本当に助かりました。

返済方法は選べますか?

カードローンを利用するときには、先に返済方法を確認しておかなければいけません。

借りた後の生活が成り立たなければ、せっかくお金を借りた意味がなくなってしまいます。

カードローンの返済方法は選択できる会社とできない会社がありますので、
利用の際は必ず確認するようにしましょう。

返済方式も各社で異なります。金利の低さばかりに気にしていると、
結局損してしまうケースもありますので、注意が必要です。

定額リボルビング方式・残高スライド返済方式など、会社により採用している返済方式も違います。

今は、各社がホームページ上で用意している返済シミュレーターを利用し、
返済金や期間を確認できますので、自分でプランを立ててみてはいかがでしょう。

漠然と考えるのではなく、具体化していくと不思議に不安が安心へと変わるんですよ。