お金がなくて大変!どこの業者で借りれる?

同僚に騙されて。お金を返してほしいです(男性/40代)

男性/40代いつも何かと私につっかかってくる同僚がいます。彼のことを、仮にAと呼ぶことにしましょう。

職場で独身なのは私とAだけです。
そのせいもあってから、Aは何かにつけて私のことをライバル視しているのかもしれません。

争い事が苦手な私は、初めからAに他の人と変わらず接していて、
あわよくば仲良くしたいと考えていたのですが、向こうはそう思っていないようです。

ある日、珍しくAから私に「話がある」といって誘いがあり、
一緒に昼食を食べに行くことになりました。

「仲直りでもするのかな?」と淡い期待を抱いて出かけたところ、
Aの口から出たのは「ちょっとお金、借りれる?」という言葉でした。

どうやらAは実家の親御さんの体調が悪く、金に困っているようなのです。

それで、同期である私に相談したということでしたが……いつもあんなに目の敵にしている私に金の相談なんて、
おかしいなとは思いながらも、貸しを作っておこうというつもりで金を貸しました。

その数週間後、Aは退職して職場を去りました。もちろん、私の貸した大金は返らないままです。

このままでは今月生活できそうにないので、生活費をなんとかするためにカードローンを利用しました。
カードローンの力を借りなければ、今頃電気もガスも水道も止められてしまっていたでしょう。

よくある質問

どんなサービスを使えばお金を借りれる?

金銭トラブルに巻き込まれて生活費が出せない時は、カードローンを使えばお金を借りれます

カードローンというのは、利息をつけてお金を借りられるサービスのことです。
様々な支払いが遅れて生活に支障が出てしまう前に、カードローンで必要な分のお金を借りて暮らしを立て直しましょう。

カードローンには消費者金融業者がサービスを提供しているものと、
銀行がサービスを提供している銀行カードローンとがあります。

消費者金融と銀行の違いですが、一般的に銀行カードローンは金利が低く、
借入額が大きく審査が難しいと言われています。

どちらかと言うと消費者金融の方が気軽に利用できるイメージがあるようです。

あなたもお金に困っているなら、申し込みしてみてはいかがでしょうか。

カードローンの申し込みはどんな流れ?

初めてカードローンに申し込むなら、融資を受けるまでの流れをしっかりと理解しておきましょう。

簡単に言うと、カードローンでお金を借りるまでには、申し込み、審査、融資という流れになります。
まずは消費者金融の店舗あるいはインターネットから、カードローンの申し込みをしましょう。

申し込みが終わったら、次は審査です。

審査では、申し込みの時に申請した情報からお金を借りれるかどうかが判断されます。
簡単に言うと、情報に間違いがないかどうかと、定期的な収入があるかどうかが見られるのです。

こうして審査に通ったら、融資を受けられるようになります。

業者によっては、その日のうちに融資を受けられます。
カードローンは、今日中にお金を借りたいという方にもおすすめします。

申し込みにはどんな書類が必要?

カードローンの申し込みの際には、“本人確認書類”と“収入証明書類”が必要です。

契約をするときに忘れずに持参するようにお気をつけください。
本人確認書類とは、運転免許証・パスポート・健康保険証などの公的な書類のことです。

この中からいずれか1つがあれば手続きできます。

収入証明書類は、借入額が50万円以上になる申し込みの際に必要になります。
収入証明書類とは、給与明細書・源泉徴収票・所得証明書などのことです。

会社員として働いている方は、会社で毎月発行される書類ですから、それほど苦労せずに手に入るのではないでしょうか。

即日融資を受けるためには申し込みの期限が設定されていますから、
なるべく午前中までに手続きを済ませておくのがベストです。

これらの必要書類はあらかじめ忘れずに用意しておきたいですね。