学費のためにお金が必要なのでローン会社で借りました

楽しいこともなく40代に。自分探しを始めて勉強し直したくなりました(女性/40代)

女性/40代私は今年で42歳。結婚もせず働き詰めの暮らしをしてきましたが、
とくに富裕層というわけでもなく、生活レベルは平均程度といったところでしょうか。

そんな自分に嫌気が差して、いわゆる“自分探し”にハマるようになりました。

仕事をやめるほどの貯金もないし、何よりもそんな思い切ったことをする勇気もなかったので、
まず始めたのは休日の図書館通いです。

これが思いの外自分に合っていたようで、毎週末の図書館通いだけでは満足できなくなり、
新たに大学へ通い直して勉強し直したいと思うようになりました

これは有名大学卒の肩書が欲しかったわけではなく、純粋に知識欲からのことでした。

そうはいっても仕事を辞める決心はつきませんから、仕事後に自宅で受講することができる通信制の大学を選択します。

ただ問題として、通信制とは言えれっきとした大学ですから、入学金や受講料などのお金が必要になったのです。
そこで、足りない分を補うために、カードローンを使用することにしました。

とりあえず必要なのは入学時に払うお金で、そこからの受講料は
毎月の稼ぎで払っていけそうなので、入学金の足しにするために30万円を借りました

これを毎月2万円ずつ返済していく予定で、半年ほど経ちましたが今のところは破綻せずに払えています。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

学校に通うための借金なら学生ローンで契約できる?

結論から言えば、学生ローンの使用はできません

実は私も同じことを考えて、カードローンの申込時に相談してみたのですが、
学生ローンとは文字通り“現在学生であること”が条件となるのです。

また一般的な学生、つまり未成年者や20歳前後の人のみという年齢制限もあったため、
40代の私はまったく基準を満たしていませんでした。

また、私も誤解していたのですが、学生ローンとは学業のための借金という意味ではなく、
むしろ借りたお金を何に使うかは自由であるとのことです。

学費にするのではなく、生活費にしても飲み代にしても旅行に行っても問題はないとのこと。

あくまでも学生を対象にした契約というだけで、使い道は不問なんだそうですよ。

カードローンではいくらまで借りられる?

いくらまで借りられるかは、契約時に提出する収入証明書によります。

現在は貸金法に総量規制というものがかけられており、
これは“年収の3分の1“までしか借りることができないという内容になっています。

つまり年収300万円なら100万円まで、200万円なら70万円弱が借りられる上限になります。

私は年収が300万円から320万円といった程度でしたから、100万円前後が上限となりますが、
そこまで借りるつもりもなかったために50万円を上限にしてもらいました。

総量規制で注意したいのはどこか1社から借りれる上限ではなく、
2社、3社と掛け持ちしてもトータルで上限が決められてしまうという点です。

今はカードローン会社同士が情報を共有しており、複数の会社と契約していることも分かるそうです。

上限が50万円でA社から20万円、B社から30万円を借りていたら、新たにC社と契約はできません。
バレないだろうと申し込みに行っても、おそらく審査で落とされるはずなのでお気をつけて。

契約時に保証人は必要?

消費者金融は、保証人が不要で契約を結ぶことができます

そのためにある程度の固定収入さえあれば、誰でも契約することができるのです。
保証人が必要ないためにたとえば親や会社の上司に頼る必要もなく、周囲に知られることがなく借金を申し込めます。

ただし、その反面金利が高めとなるのがデメリットでしょうか。

一般的な消費者金融の場合、金利は17%から18%程度です。

住宅ローンなどの保証人が必要となる大口のローンの場合は、
年利1%以下というのが一般的ですから、いかに金利が高いかが分かるでしょう。

とはいえ住宅ローンなどよりも借りられる総額自体が低いので、
無理なく返済し続けていくのはさほど難しくはないと思います。