「お金を貸して」と消費者金融にお願いしました

お金がないときこそ、カードローンは頼りになる(女性/30代)

女性/30代私は高校を卒業して以来、地元の鉄工所で事務員の仕事に勤めてきました。

ところが、この会社が業績の悪化に伴い倒産してしまい、失業する羽目になったのです。

職を失っても事務畑一筋で働いてきたので、どこか拾ってくれるところがあると思ったのですが、30も後半を過ぎた私を迎えてくれるような企業はなかなか見つからず、仕方なく当面はパート生活に甘んじることになったのです。

パート収入では、欲しい靴もバッグも買えません。

かといって、就職活動する気力も失せ、生活に困らない程度なら、
多少貧乏してもしょうがないと開き直ってワーキングプアを受け入れる毎日でした。

それでも、気持ちの中では女の子です。

おしゃれもしたいし、仕事を頑張ったあとは月に一度くらいは美味しいディナーを自分にご褒美してあげたい、
そう考えるのが普通の女子ではないでしょうか。

「やせ我慢はよくない!誰かお金を貸して!」

そう心の中で叫び、いつの間にか私の足は消費者金融の店舗に向かっていたのです。
消費者金融のカードローンはとても便利で、一万円からでも借りられます。

私みたいなパート収入で、一万円でもお金を貸してくれるところがあって涙が出るくらい嬉しかったです。

この小口融資を上手に活用して、私の人生は心も懐も豊かになりました。
気力も充実したところで、そろそろ就職活動を再開したいと思います。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

カードローンは女性でも借りられますか?

カードローンの利用は、男女問わずご利用できますよ。

女性は男性に比べ、収入が少ないので利用しにくいと思われるかもしれませんが、
安定した収入があれば審査に通って融資が受けられるでしょう。

もちろん、返済能力によって、お望みの融資は受けられないかもしれませんが、女性でもお金を貸してくれる銀行や消費者金融のカードローン、キャッシングはたくさんありますのでご安心ください。

また、女性には女性専用のレディースローンというのもあります。

その名の通り、女性を対象にしたキャッシングで、電話応対のオペレーターは全て女性という安心のシステムです。
女性の心理として、申込のとき、電話に出るのが男性より女性のほうがお金の相談もしやすいですよね。

業者としても、新たな顧客の掘り起こしに女性向けサービスを
積極的に展開しているので、大いに利用してはいかがでしょうか。

銀行と消費者金融のカードローンではどちらが借りやすいですか?

カードローンには、銀行系と消費者金融系の2つのタイプがあります。

同じカードローンでも系統が異なるだけに、審査基準や平均利率、融資上限額に違いがあります。
よく言われることは、銀行のほうが消費者金融より審査が厳しいということです。

しかし、審査が厳しいだけに金利が低いというメリットもあります。

どちらを選ぶかは、返済能力や経済状況に応じて使いやすいほうを選択するのがベストではないでしょうか。
もっと根本的なことをいえば、この2つはそれぞれ異なる法律のもと、運用されています。

銀行カードローンは銀行法で、消費者金融カードローンは貸金業法で規制され、貸付条件などを設定しています。

とくに注意したいのが、総量規制です。
これは消費者金融系のカードローンが対象で、融資額が年収の3分の1以下と決められています。

また、専業主婦が契約する場合、夫の同意を必要とします。

一方、銀行カードローンは総量規制の対象外なので、
上記のような縛りはなく幅広い借り方ができるというメリットがあるでしょう。

返済できなかった場合、どうなりますか?

返済を滞納しても昔のように業者が職場に押しかけて督促したり、
夜中に何度も電話をかけて嫌がらせをしたりするようなことはありません。

ただ、督促状などが家に届くことはあるでしょう。

何度催促しても返済がない場合は、給料差し押さえや裁判所からの返済命令など、
かなり強い態度で返済を求めてくるようになります。

しかし、債務者としても無い袖は振れませんよね。

どうしても返済が困難な場合は業者に返済が遅れる旨を伝えて、
理解を得るくらいの努力はしたほうがいいかもしれません。

また、完済の見通しが立たないときは法律事務所に相談して、
対策を立てるというのも一つの手段でしょう。