すぐにお金が欲しいときに役立ったカードローン

急な誘いでお金が足りないとき、カードローンに助けられた (女性/30代)

女性/30代私は洋服屋に勤めるパートです。

月給は月に18万円のお給料をいただいています。

生活は何不自由なく過ごしていますが、それでもお金の大半は食費や家賃、
光熱費、保険料で10万円ほどかかってしまう
のです。

そんな中、先も見据え少しずつですが貯金もしていました。

しかし、家計が厳しい月は貯金を崩すこともありなかなか増えません。

ある日の週末に、昔の友人たちから飲み会に誘われました。
よく誰からともなく誘いがあれば、みんなで集まることはよくありました。

ただ事前に決まっている場合もありますが、今回は急なお誘いで困っていました。

というのも今私の財布には、飲み会に行けるほどのお金がないうえに、
給料日前でもあったためお金が足りないのです。

親しい友人の誘いも断ること、貯金を崩すのもしたくありません。

もし参加すれば、次の給料日まで節約を強いることになります。
そんなとき、インターネットを見ているとカードローンの広告が目に入ってきました。

最初はお金を借入するのは気が引けましたが、
今回融資を受けるお金を必要な金額にすればいいと思い申し込みをしました。

すぐお金が必要であったため、即日融資も可能であったのでとても助かりました。

おかげで友人との飲み会を楽しめました。

よくある質問

審査を受ける前にやっておくべきことはありますか?

カードローンを申し込むとき、誰もがぶつかる壁は審査です。

審査に通らなければ融資を受けることはできません。
そんな人におすすめしたい申し込む前にやって損はない対策を紹介していきます。

まず申込み条件、利用資格の確認。ローンによっては条件が異なりますから、事前に確認しましょう。

次にお試し診断を使ってみる、インターネットに年齢や申込金額、
年収などの項目を入力すると融資可否を判断するサービスがあります。

ただ、お試し診断の結果はあくまで目安ですから、判断材料の1つとしてください。

最後に審査に通りたいからと言って、嘘の申告はやめましょう。

いくら融資を受けたいからと言って、年収や勤続年数を増やすことは、
確認すればわかることなのですから逆効果にしかなりません。

すぐにお金の融資を受けることはできますか?

人によっては、その日のうちにどうしてもお金が必要な場合もあると思います。

すぐにお金が欲しいという方には、無人契約機からの申込みがおすすめです。
特徴としてカードをその場で発行でき、すぐ使うことできる点があげられます。

無人契約機で手続きをする場合、必要書類を持ってくるのを忘れないでください。

無人契約機に必要書類をスキャンするためです。持ってくるのは運転免許証でも問題はありません。
私の経験では給与明細などあった方がスムーズに審査が進みました。

給与明細は返済能力の証明にもなるため持ってくることをおすすめします。

順調に契約が進むと、30分程度で完了します。
また、大手の消費者金融の無人契約機は全国にあるため、利用しやすいです。

相談や質問をしながら申込みをしたいなら、店頭契約がいいかもしれません。

契約は店舗まで行かないとダメなのですか?

人によっては、消費者金融の店舗や自動契約機に出入りするところを、
知り合いに見られたくないと思う人は多いはずです。

結論から言うと、店舗まで行かずとも申し込みはできます

最近は、インターネットからの申し込みが一般的ですが、
インターネットで手続きしても最終的には行く必要があると思われている方も少なくありません。

しかし実際は申込みから契約まで、インターネット上で完結させることができるのです。

簡単にインターネットで申し込む流れを説明すると、
公式ホームページにアクセスし、申し込みフォームに必要項目記入をする。

審査結果通知が来たら、必要書類を準備し送ります。

そして、契約手続きをすまし、口座に融資額が振り込まれます。
インターネットの他にも人に見られずに済む方法として、電話申し込みもあります。