公務員でもカードローンでお金を借りることがあります

公務員が全員お金持ちと思ったら大間違いです (女性/50代)

女性/50代公務員だって、普通のOLと変わりありません。

生活費が足りなくなるときもあるし、カードローンの力を借りる場合もあるんです…。
うちは旦那が病弱で、長期で休む時がなどかありました。

3人の子どもはこれからお金がかかる時期で、
私が頑張って働かないと家計が崩壊してしまうんですよ。

ついこの間も旦那が体調を崩してしまい、半年家で静養していたので、
傷病手当金を受け取るまでの期間は生活費が足りなくなりました。

夫に内緒で闇金でも使おうか…と思ったほど切羽詰まった時もありました。

公務員は社会的にも責任のある立場というか、とかく“あの家は奥さんが公務員だから…”という、
視線にさらされるのも事実です。

世間体を気にしていられない程、生活費がピンチのときに
私は銀行のカードローンを申し込むことにし、家族の危機を救ったのです。

カードローンは好きな時にお金を引き出せるので、困ったときに本当に助かります。

もちろん、公務員はボーナスもありますので、繰り上げて返済すれば金利も抑えられるんですよ。
お金に困っている姿を子どもには見せたくないのが、親心です。

こうしてみると、カードローンは我が家を支える第二の大黒柱的存在と言えるかもしれませんね。

大変重宝させてもらっていますよ。

よくある質問

カードローンの利用は、職場に秘密にできますか?

公務員という職業柄、カードローンの利用は職場の仲間には知られたくないのが本音です。

公務員は一般の企業に比べ退職者が少ないので、職場での関係も密なんです。

名前を言えば、どこのセクションか分かってしまうし、
もしお金を借りた事実を知られたら…という不安は、人一倍大きいかもしれません。

公務員に限らず、お金を借りる行為はナイーブかつプライベートなものです。

秘密にしたい利用者のニーズに企業が応えてくれているのは、恵まれた時代だと思います。
今は年配者も孫に教えてもらうなどして、器用にインターネットを使いこなす人も多いと言います。

カードローンの申し込みもWEB上で完結できるため、
職場に連絡が来ないよう、連絡先の登録は携帯電話にすればいいのです。

自宅に書面も送付しない設定も可能ですので、秘密も守られます

融資を受けたいのですが、どのように会社を選んだらよいですか?

カードローンを初めて利用する人にとって、どの会社が自分に合うかを見極めるのは容易ではありません。

たくさんある金融会社を絞るために、様々な”比較サイト”があるので利用してみるとよいでしょう。

申込みできる条件や金利の設定は会社により大きな違いがあり、
系統によっても様々なメリット・デメリットが存在します。

時間の余裕がなければ、審査時間が短い消費者金融系カードローンが便利ですし、
金利を最優先すれば銀行系・IT系などが選択肢に挙がります。

あとは、どのくらいの期間で返済する計画なのかある程度自分で把握しておきましょう。

カードローンは簡単に利用できる分、使い過ぎてしまう人が多いのも事実です…。
家計簿アプリで収支計画をはっきりさせておくのは、不要な借り入れを防ぐ一つの方法としておすすめですね。

返済方法には、どんな種類がありますか?

お金が必要なシチュエーションは人それぞれです。

あと1万円あれば…と少額が必要な時もあれば、急病のため数十万、数百万単位と多額になる場合も考えられます。

少額であれば、翌月に返済すれば完了しますが、大きな金額となれば一括返済は難しく、
数年単位での返済計画を立てなければいけません。

カードローンの返済方法は一括返済・口座引き落とし・随時返済など、利用する人に合わせて選ぶことができます。

臨時手当などが入る予定があれば、繰り上げ返済も可能です。
返済の滞りがないよう転職などは避け、一定の収入が途切れないようにする努力は完済を目指す方にはとても重要です。