即日借入のカードローンはとっても便利

即日融資で友情を守りました(女性/30代)

女性/30代30代のフリーターで未婚、今は書店でアルバイト勤務しています。

私には幼稚園のときから付き合っているかけがえのない友人がいます。
本当に親友と呼べる存在は彼女だけで、困ったときはいつも助けてくれました。

恥ずかしい話になりますが、大学時代、50万円騙される詐欺被害に遭いました。

それで学費も払えない苦しい状態になりましたが、
彼女がそのお金を用立ててくれたおかげで、なんとかしのぐことができたのです。

彼女は友人であると同時に、恩人でもありました。そんな彼女に、恩返しをするときがやって来ました。

彼女が運転する車が事故を起こし、相手の方に重傷を負わせてしまったのです。
完全に彼女の不注意による事故だったので、言い訳はできません。

それで、彼女は多額の慰謝料と治療費を請求され、困ってしまったのです。以前、私は彼女にお金を借りて救われました。

今度は私が彼女の窮地を救う番だと思い、カードローンでお金を工面しました。
即日借入だったので、すぐに彼女に渡すことができました。

彼女に貸したお金は決して低い金額ではなかったのですが、彼女を助けるためにはそれしか方法はありませんでした。

お金を貸したといっても、私と彼女の間の話なので、「返済はいつでもいいよ」といっています。
彼女の安心した顔が見られただけでも私はお金を借りてよかったと思います。

よくある質問

カードローンの即日借入とは何ですか?

申し込んだその日のうちに、借入ができるサービスです。

手続きも審査も簡単スピーディーなところは、即日借入に対応してくれるので大変ありがたいですよね。

例えば、「身内の葬儀に参加することになったけど、喪服代がない!どうしよう!」
こんな緊急時にも、対応してくれるのが即日融資のサービスです。

即日借入ができる貸金業者は消費者金融を中心にたくさんあります。

やはり、融資までスピーディーにやってくれるほうが便利で助かりますよね。
借入は即日でやってくれるところがいいという理由で業者を選ぶ人もいます。

申し込んだその日のうちに融資をしてくれる業者は人気が高く、
これからも同種のサービスがどんどん増えていくのではないでしょうか。

「最短30分!」とうたっている業者もありますが、本当にそんな短時間で融資可能ですか?

即日融資はおろか最短で30分、1時間など極端にスピード性をアピールしている業者もありますよね。

「本当かな?」と懐疑的になる気持ちも分かりますが、
業者がうたっている以上、実際にその時間で融資を受けている人はいるのでしょう。

ここで注意してほしいのは、“最低30分”という言い回しです。

あくまで1番早くて30分ということなので、必ずしもその時間が全ての融資パターンとは限りません。
最低30分で融資を行ってくれる業者でも、場合によっては30分どころか当日借入も不可能かもしれません。

審査情報に問題があったり必要な書類が揃っていなかったりした場合、
審査に時間がかかる分、融資までの時間も押してしまいます。

また、営業時間ギリギリに申し込めば、どんなに頑張っても融資は翌日持ち込みとなってしまうでしょう。

一刻も早く融資を受けたい方は準備もぬかりなく、営業時間も考慮して申し込む必要があるでしょう。

即日借入の場合、どんな審査方法をやるんでしょう?

審査方法は業者によって異なりますが、即日借入してくれる業者は
必要書類も簡素で申込と審査方法も簡単なケースが多いです。

郵送手続きなどしていたら即日ではまず間に合わないので、
本人確認の書類などは写真にとってメール送信、審査も自動契約機で簡単にできるシステムが整っています。

即日借入を可能にしたければ、事前にその業者の申込方法と審査方法を調べ、しっかり準備することが大切です。

審査方法が簡潔でも、必要書類を揃えていなかったりすると審査そのものができなくなります。
急いでいるときは慌ててしまうものですが、カードローンはなるべく落ち着いた気持ちで申し込みしましょう。