家族にバレないカードローンをお探しの方へ

身から出た錆…幸せな結婚生活を守るためカードローンで口止め料を支払う(男性/50代)

男性/50代自分で言うのもなんですが、私は昔から女性にモテました。

恥ずかしながら齢50まで複数の女性と同時進行で関係を持つような人生を送ってきたのです。
50歳を迎えて結婚をした際も、かなりゴタゴタがありました。

結局、自分が招いた女性関係のトラブルだったのですが、今思い出してもかなりヒヤリとします。

現在の妻にあたる女性と交際していた当時、
もう一人、妻とは別の女性とも内緒で交際していました

妻と結婚することは知らせていましたので、彼女とは割り切った付き合いを続けていたのです。

結婚生活が始まったタイミングで、その女性とは別れました。その後は順風満帆な生活を送っていたのですが、ある日その女性から過去の二股を妻に暴露するという連絡があったのです。

早い話が金の要求でした。女遊びを繰り返し来たツケがついに回ってきたか…と思わされた瞬間でした。

要求額を払える貯金はありました。しかし、家計は妻が管理していましたので大きな額を動かすことはできません。
妻をはじめ、家族にバレない方法として私が選んだのは、カードローンでした。

金を彼女に渡すと、パタリと連絡は止みました。彼女との接触はそれ以降ありません。

今でも小遣いから返済を続けており、妻にはまだ借入の事実はバレていません。

よくある質問

カードローンが家族にバレやすいのはどんなとき?

妻にカードローンを利用した事実を知られてしまうこと、それは過去の浮気を知られてしまうことを意味します。

とにかく、カードローンの痕跡を残さないことが何よりも重要だったのです。
家族にバレないようカードローンを利用したいという人は、かなり多いようですね。

調べてみると、多くの場合は自宅に届く郵送物からバレてしまうようです。

カードローン業者は郵送物に会社名を記載しないといった配慮してくれますが、
それでも万が一家族に中身を確認されて、契約書類などを見られてしまっては一貫の終わりです。

奥さんが専業主婦の場合、自宅に届く郵送物を確認するのは奥さんの仕事になるでしょう。

勘のいい奥さんなら聞きなれない会社から届く郵送物に、違和感を覚えるかもしれません。
家族に借入のことを知られたくないなら、郵送物の管理には十分に気を付ける必要があるのです。

カードローンを家族に秘密にしておくために、何かいい方法はないの?

郵送物から発覚するケースが多いのは、上記したとおりです。

しかし、自宅に届いてくる郵送物を全て自分で管理するのは無理があります。
家族バレを防ぐためには郵送物自体を失くしてしまえばいいのです。

大手カードローン業者は最初から最後までWEB上で手続きを終わらせることができるサービスを提供しています。

こうしたサービスであれば、契約書、明細書といったカードローンを利用した証拠はパソコンのメールソフトにしか残りません。いくら夫婦でもお互いのパソコンは通常チェックしないでしょう。

家族バレを防ぎたいのであれば、こうしたWEB申し込みのサービスを利用するのが一番確実です。

少し手間がかかりますが、無人契約機を利用するのもひとつの方法ですね。
こちらも郵送物は自宅に届きません。カードも契約機で発行されます。

お金を手に入れるまでにはどれくらいかかるの?

私の場合は相手方の女性から入金期限を設けられていましたので、
カードローン申し込みからどれくらいでお金が手に入るのかは気になっていました。

カードローンを利用する事情によっては、緊急にお金が必要な方も多いでしょう。

借入までのスピードは知っておきたいですね。私の場合は、申し込みから口座への振りこみまで約40分程度でした。もっとかかると思っていたの正直驚きました。

希望借入額が少なかったせいもあるでしょうが、審査にはそれほど時間がかかりませんでした。

申し込み情報に不備がなく、信用情報がクリーンであれば、
通常申し込みをした当日中にはお金を手に入れられるのではないでしょうか。