学生でも借入のためにカードローンの審査を通るには?

引っ越し費用を学生ローンで補えた(女性/20代)

女性/20代私は将来看護師になるため、大学の医学部に通っています。

勉強は難しいですが、楽しさも感じています。
親の負担を減らすため、学費はアルバイトで稼いだお金を自分で払っています

つい先日、大学3年生になり成人を迎えました。

その記念ではありませんが、大学から実家の通学距離が遠いこともあり、
1人暮らしを始めることにしました。

そこで引っ越しをする費用も自分で出すことにしたのですが、
今のアルバイト代だけでは足りないことに気づきました。

これからは学費だけでなく家賃などの生活費もかかるため、
ここで引っ越し費用にお金を使ってしまうと、今後の生活が厳しくなってしまうのです。

貯金もあるのですが、将来のことを考え貯めたお金のためあまり使いたくはありません。

どうしようと考え色々調べていると、お金を借入できるカードローンがあることを知りました。

カードローンは学生では審査に通らないと思ったのですが、
学生でもアルバイトをしていれば大丈夫だったので、安心してお金を借入できました。

カードローンのおかげで引っ越し費用を補えたため、
私生活に影響が出ることなく学業に打ち込むことができています。

皆さんも引っ越し費用をまかなうときに、使ってみてはどうでしょうか。

よくある質問

学生でもカードローンを使えるの?

学生が借入できるところとして、学生ローンを思い浮かべるはずです。

そのため消費者金融などのカードローンは、学生では利用できないというイメージがあると思います。
しかし、学生でもカードローンを使えるのです。

学生でも20歳以上であり、金額が少なくてもアルバイトをして定期収入があるなら、審査に通ることは可能です。

アルバイトをしていない人は、アルバイトを始めてから申し込みをしてください。
急いで融資を受けたい人は、スマホやWEBの申込みなら即日融資を受けられます。

親に知られたくない方も安心してください、保証人を必要としないため親にばれる心配はありません。

ただし、利用できるのは20歳以上のため、学生であってもその条件を満たさない人は使えません。

実家や勤務先の連絡や郵便物を避ける方法はありますか?

カードローンを申し込む方法は様々ありますが、郵便以外の方法なら郵送物は届くことはありません。

では電話連絡を防ぐ方法はどんな対策ができるかというと、
まず延滞などの問題を起こさないことが第一です。

しかし返済が遅れてしまうときもあると思います。

その場合は、事前に借入先に連絡し、いつまで払うかを約束しましょう。
そうすれば、指定した日まで返済を待ってもらえますし、借入先から連絡が入ることはありません。

万が一無断で延滞した場合、携帯電話に連絡が入るため、この時点で速やかに対応してください。

しっかり対応しておけば、勤務先や実家に連絡はされません。
しかし携帯に繋がらないと、勤務先などに連絡が来てしまいます。

さらに延滞が60~90日を過ぎれば、実家に連絡がいくケースがあるため注意してください。

余計な連絡を防ぐためにも、事前に担当者に希望を伝えることが大切です。

カードローンを使うと就活に影響は出るの?

過去にカードローンを使っていると、就職活動に影響がでてしまうのではと
不安に感じてしまう人もいると思います。

結論から言えば、使っていることで内定に響くことはありません

なぜ影響がないのか、それは企業が人材を判断する際には応募者の能力を基準にし、
選考するように法律で定められているためです。

詳しく説明をすると、前提としてまず企業は応募者の信用情報を知ることはできません。

基本的に一般企業は信用情報機関に加盟してないため、情報を入手できないです。
入手できるのは、信用情報機関に加盟している企業のみなので、気を付けるとしたら金融業界は要注意です。