派遣社員でもカードローンは借りられるんです

派遣でもカードローンを使うことで大助かり(女性/30代)

女性/30代私はもともと事務として病院で働いていたのですが、同じ作業を繰り返す毎日でした。

落ち着いているのはいいのですが、ちょっと物足りなさを感じていたのも事実ですね。

そこで心機一転、昔から絵を描いたり、ロゴを考えたりするのが好きであったため、
デザイナーとして働きたいと思い立ったのです。

まずは派遣社員としてデザイン事務所で働き始めたのですが、
いかんせん派遣社員は雇用形態が不安定です。

いつ雇用を切られてもおかしくないため、日々不安を感じています。
収入も不安定でボーナスもない、そして交通費が支給されないため、電車通勤の私は交通費もかかります。

こんな生活費を稼ぐのもギリギリな暮らしでは、キツいのはもちろんのこと娯楽のためにお金を回せません

私はアニメが好きなため、イベントの参加費やグッズ購入はとくにお金がかかります。
ところがこの職に就いてからは、趣味にお金をかけることが全くできないのです。

この状況を何とか打開せねばと考え、様々なことを調べた結果、カードローンを利用することにしました。

カードローンを利用するには正規雇用でないため通るか不安でしたが、
派遣でもカードローンの審査が通りやすいところを利用しました。

今では生活と娯楽を両立できるようになり、毎日が充実しています。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

派遣でもカードローンは使えるの?

私も同様のことで悩んでいましたが、心配はいりません。

派遣社員も正社員やアルバイトと同じような審査基準になります。
ただ他の雇用形態と違うのが、派遣社員は収入が不安定だということです。

この1点において他より不利になると感じてしまいますが、
利用する業者によっては派遣でもカードローンを使えます

カードローンを利用する時、一般的にいえば銀行系か消費者金融系を選びますよね。

そこで派遣社員が業者を選ぶ際は、消費者金融系がおすすめです。

なぜ銀行系ではないのかというと、銀行カードローンは信用度が高く金利も低いのですが、
融資審査はやや厳しいと言われているのです。

消費者金融系ならカードローンの審査はやや甘めなので、派遣でも借入がしやすいと言えます。

少し金利が高いところが消費者金融の難点ですが、工夫をして上手に返済計画を立てるようにしましょう。

審査を通りやすくするには?

派遣社員でもカードローンの審査を通過するコツがあります。まずは嘘をつかないことですね。

審査を有利に進めたいからといって、年収を多く申告してはいけません。
もしこういった申告が嘘だと発覚すれば、トラブル発生にもつながります。

申し込みの際には必ず正しい情報を伝えましょう。

次に社会保険に加入しておくことです。
社会保険に加入していると身元確認がしやすい上に、働いてお金を得ている証拠になります。

社会保険の加入条件は、派遣先で働く正社員の4/3以上働いていることと、雇用契約金を2か月超えていることです。
これだけで、しっかり働き収入を得ている証明になりますよね。

最後に申込額を少なめに設定することです。

私自身、申請を行った際に好きなことに少しお金が使える程度の額しか申請していません。
こういった工夫ひとつで審査に通りやすくなるので、ぜひお試しください。

派遣の在籍確認の電話はどこにかかってくる?

在籍確認とは、審査の際に本当にその職場で働いているか確認する手続きです。

派遣社員が申し込みする際に気を付けなければいけないのは、確認の電話をかける場所は今働いている職場ではなく、
派遣元である派遣会社でなければいけないということです。

この項目で間違えることが多く、審査で落ちてしまう人は少なくないそうです。

大変重要な項目ですから、間違えて申請すると虚偽の情報を送ったと思われてしまう可能性もあります。
申込する際には改めて会社名を確認し、勤務年数などの項目もよく確認しましょう。

派遣会社によっては、在籍確認の電話は事前に申請が必要なところもあります。事前に確かめておくのがいいでしょう。

また、周囲の人に感づかれるのが嫌ならば、あらかじめ派遣会社へ自分宛ての電話がある旨を簡単に伝えておきましょう。