カード不要のキャッシングは本当に便利です

家電・命!の私の見方はカード不要のキャッシングです(男性/40代)

男性/40代私はいわゆる家電オタクです。

家電のことなら何でも答えられる自信はありますね。
仕事も電気屋店員が自分の天職だと思っています。

店での販売成績もよく、雇い主からも重宝がられており、居心地は最高です。

電気屋は契約社員で働いています。ボーナスなどは少ないけれど、決まった収入があるので、気になっている家電を買え満足しています。

しかし、時代とともに家電はどんどん高性能化し、費やせる金額も限られるのが悩みの種でして——。

それでも、私の生き甲斐である家電は人生をかけた壮大なテーマ、時代に乗り遅れるわけにはいきません。
家電にお金を掛け過ぎて生活費がどん詰まり、家賃の支払いが2カ月延滞したこともありましたね。

そんな時、出会ったのがカード不要のキャッシングでした。

私の空き時間はできるだけ家電の研究に費やしたいので、
インターネットで融資が完結するなら、時間の短縮にもなると思ったんです。

来店不要ですし、振り込みで必要なお金が振り込まれ、生活費がピンチの時にも本当に助かります。

給料日まであと少しのときも24時間いつでもWEBで申し込みでき、まるで神のような存在です…。
これからもこのキャッシング方法が困った時の強い味方として君臨してくれそうです。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

カード不要のキャッシングはどのように利用するのですか?

カード不要のキャッシングは、要するに来店不要でWEB上で申し込みが完了できる画期的なサービスです。

街中にある自動契約機は、結構人目が気になるんですよね。
自分も自動契約機を通るときは存在が不思議と気になり、利用している人がいるか見てしまうんです。

自動契約機の前で挙動不審になっても目立つし、誰かに見られないようにするのも難しいものですよね。

そこでおすすめなのが、カード不要のキャッシングです。

パソコンやスマートフォンがあれば、いつでもどこでも手軽にキャッシングの申し込みができますし、
急ぐ場合は指定の時間までに手続きを完了すれば、即日融資も可能です。

WEB完結サービスを利用すれば、自宅に郵送物がくる心配もありません。

なおかつ、秘密も守られるという一石二鳥の便利さは画期的ですので、利用者は今後増えるでしょうね。

カードが不要なら、どのように返済するのですか?

カード不要でキャッシングができるのはとても便利ですが、返済時にどうするのかは疑問ですよね。

インターネットを使って申し込みができるのであれば、当然返済もWEBを通した手続きが選択できます。
インターネットバンキングを利用した口座振替が簡単ではないでしょうか。

返済方法は、企業により様々です。

自分が希望していた返済方法がなかった…とならないように、申し込みの際によく確認しておくといいでしょう。

キャッシングをする方の多くは、どのように借りるかに注目しすぎて、
あとの返済について注意がいかない場合が多いのです。

返済方法は借りる方のライフスタイルに合わせて、できるだけ負担がないものを選びたいものですね。

キャッシングの利用がいくらからできますか?

カードローンなどのキャッシングの利用額の最低額は、多くの場合が1万円からになっています。

給料日まであと何千円か足りない…という場合もあるでしょう。
必要以上に借りればそれだけ金利もかかるので、できれば最小限に抑えたいものです。

企業によっては千円から利用できる場合もありますが、少ないでしょう。

本当に何千円かの単位であれば、家族や友人に借りる手もありますが、簡単そうで難しいのがお金の貸し借りです。

キャッシングも1万円でしたら金利も1日当たり15円程度で、
あとから返済が苦しくなってしまうケースも少ないでしょう。

カードローンやキャッシングは必要な分だけを借りる心掛けを徹底しておけば、生活の助けになるはずです。

後悔しない借り方を身に着けて、上手にキャッシングを利用したいものですね。