キャッシングが勤務先にバレるのは絶対に嫌なんです

浪費癖が抜けない私には、キャッシングが強い味方です(女性/30代)

女性/30代私の給料のほとんどは、カードで購入した洋服やバックの支払いに消えていきます。

綺麗なものを身に着けるのは気持ちがいいし、会社に行くのが憂鬱な日も、
お気に入りのバックを持って行けるなら……と働く原動力になるんです。

買い物をするのが浪費と決めつけるのは簡単ですが、
モチベーションに繋がれば、それでいいと思っています。

ただ、私の欠点は使い過ぎてしまうことなんですよね。気に入ったバックが2つ同時に入荷していて、どちらか1つに絞れないから、両方まとめて買ってしまうというような具合です。

手に入れた瞬間の満足感はこの上ありませんが、請求書が届くとやはり後悔する羽目に…。

毎度のこの状況に対応するために、私はキャッシングという手段を思いつきました
ただし、キャッシングローンの審査のことは、絶対に会社に知られたくありませんでした。

会社というのは、誰から情報が広まるか分かりませんからね…。

そんな心配をよそに、実際に申し込みをしてみると、簡単にキャッシングカードが手に入りました。

あくまで、いざというときのためのものですが、
この生活をキープするためのキャッシングが利用できるなら、これほど幸せなことはありかせん。

私はこれからも、どんどん買い物し、そのための仕事も頑張りますよ!

よくある質問

クレジットカードを作るときなどの在籍確認は、必須ですか?

会社にお勤めの方なら経験があると思いますが、
クレジットカードなどの申し込みには必ず勤務先を記載する欄があります。

業者としては、個人にお金を貸すのですから、借りる側の信用を計る手段として、
本当にこの会社で働いているのかを確認するのは当然のことでしょう。

しかしその時に、誰もが知っているような消費者金融を名乗ってきたらどうでしょうか。

あの人は、××からお金を借りようとしているのか…と、電話を受けた人だけでなく、周囲の人に知られかねませんよね。

そのような個人情報を守るために在籍確認というのは会社名ではなく、
個人名を使って電話をかけるというのは今や常識です。

ただし、銀行の場合は銀行名を直接名乗ることが多いとされているのです。

それでも、銀行が会社に電話をかけてきたことで、怪しむ人はまずいないでしょう?

在籍確認というと、嫌なイメージがあるものですが、考えてみれば当然のこととして
捉えることができれば、ビクビクする必要など一切ないんです。

会社員ならキャッシングの審査は必ず通りますか?

会社員でキャッシングカードを作る人は多くいるでしょうが、会社員イコール、オールOKと言うわけではありません。

債務整理の履歴や、他からの借り入れ状況も判断の対象になります。
会社勤めをしているからといって、当たり前に審査が通るというわけではないので、勘違いのないように…。

審査に大切なのは、継続した収入があることです。

アルバイトやパートタイマーでも真面目に働いてさえいれば、毎月一定額の給料があるので、
会社員と同じようにキャッシングを利用できる確率は決して少なくはありません。

キャッシングカードを作ることを、誰かに知られませんか?

実家暮らしの人は、家族にキャッシングを利用していることを知られたくないということがあります。

キャッシュカードや契約関連の書類が届くことで、知られてしまうというリスクは確かに考えられるでしょう。
そうしたときに、キャッシング専用カード作らないという選択も一つの手です。

契約ATMなどを利用するのではなく、銀行振り込みの融資であればカードは不要になります。

また、郵便物の名義をわかりにくいものに表記を変更する、というサービスもあります。
利用の際に明細を送付するのは不正利用を防ぐ意味合いがあり、法律で定められているので仕方ないとも言えるのです。

今はWEB明細という手段もありますし、自分の都合に合うように設定を行うことで、
誰にもキャッシングの利用を知られずに済むのです。