どうする?クレジットカードの請求が払えない時

どうしても欲しかったブランドの限定商品を買うために(女性/20代)

女性/20代最近、私たち世代の女性が小さい頃に好きだった
アニメヒロインのコラボグッズが、多く発売されています。

「どうして今さら、ヒロインのグッズに夢中なの?」なんて彼氏に言われることもありますが、大好きで憧れだったにもかかわらず親に思い通りにグッズを買ってもらえなかったせいか、反射的にどうしても欲しくなってしまうんですよね。

今はOLなので、自分のお給料でなんでも買える立場にあります。

こうして毎月のお給料やボーナスを使って、欲しいものを見境なくグッズを買ってしまうんです……。

「ついにこの時が来たか」という感じですが、先日、私の大好きな鞄ブランドと
例のヒロインがコラボして、限定のバッグが発売されました。

高級デパートでしか買えないそのバッグは、これまでの他の限定アイテムの例から考えても、
予約が殺到して取り合いになることが予想されました。

前のボーナスがすでにクレジットカードの請求で底を尽きてしまったばかりですが、
このチャンスを逃さないためにも購入するしかありません。

これだけクレジットカードの支払いがかさむと、時にはどうしても払えないこともあります。

そんな時はカードローンでお金を借りて、足りない分を補うようにしています。

月によって出費にかなり差があるので、欲しいものがあるときは絶対に手に入れて、
その後にゆっくり返済すればいいかなと思っています。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

クレジットカードの請求を払えない時はどうする?

手持ちの現金が少なくても、カードがあれば支払いをできるクレジットカードは、
お買い物で非常に役に立つアイテムです。

しかし、自分の支払い能力以上に使いすぎてしまうと、請求が来てもお金を払えないという危険性があります。

ついつい使いすぎてしまったクレジットカードの引き落としまでに
入金が間に合わない時は、カードローンで足りない分を補えばOKです。

カードローンは、カードを使って気軽にお金を借りられるサービスのことです。

女性でも使っている人が多いので、安心して申し込みしてみてください。

女性向けの窓口を設置している業者もあるので、使い方や申し込みなどに不安があるなら、
まずは女性専用の相談ダイヤルに電話をかけてみてもいいかもしれません。

カードローンでお買い物をするメリットは何?

カードローンとクレジットカードの大きな違いは、現金で支払いをするかどうかということです。

カードローンが専用のATMから現金を引き出すのに対して、
クレジットカードでは現金を使わず、支払いを後日に立て替えてもらいます。

どちらもお金を前借しておくようなイメージですが、これだけでかなりの差が出てくることがあります。
なぜなら、クレジットカードはすべてのお店で使えるわけではないからです。

クレジットカードを使えるお店は年々増えてきて、今ではほとんどのお店でカードが使えます。

とはいえ、未だにカードを使えないお店があったり、
特定のカード会社しか対応していなかったりと、トラブルがまったくないわけではありません。

その点、カードローンで現金を借りれば、
手持ちのお金が少ない時でもすべてのお店で買い物ができるので便利ですよね。

クレジットカードのキャッシングってどうなの?

通常の利用では単なる後払いとなるクレジットカードですが、キャッシングの機能をつけることも可能です。

つまり、普段はクレジットカードとして使いながら、いざ現金が必要になったときは現金を借りられるということです。
これなら、ただ現金を借りるだけのカードローンより便利に見えますよね。

ただし、クレジットカードのキャッシングは
カードローンと比較するとかなり金利が高く設定されているのがネックです。

現金での利用をメインにしたいなら、初めから消費者金融のカードローンを契約していた方が、お得に利用できますよね。

たった数パーセントの差でも最終的に支払う金額にかなりの差が出てくる金利は、なるべく低い方がいいですよ。
大きな買い物をするなら、サービスは賢く利用しましょう。