はじめてのスピード融資!体験談をご紹介

ちょっとだけ…ギャンブルで足りないお金を融資で解決しました(女性/50代)

女性/50代専業主婦というのは時間がある分、誘惑も多いんですよね。

ご近所の主婦仲間と立ち話をしていた流れで、お昼まで話し込むなんてことは日常茶飯事ですし…。

その流れで羽目を外しにスロットでもやりに行こう!と、
駅前のパチンコ屋で憂さ晴らしに行くのがパターンです。

それでも、家のことはきちんとこなしているつもりだから、夫から受け取る生活費を少し使ったところで、文句を言われる筋合いはないはず……と思っていました。

ただ、ご近所仲間たちとの交流が深くなればなるほど、誘いを断りにくくなるもので。

スロットやファミレスに行く回数も増えていきました。
内心、今日はお金がないのよね…と思っても言い出せないこともあるんです。

当然のことですが、どうしても夫の給料からではお金が足りないんです。

ある日、“専業主婦でも、スピード融資!”と書かれたチラシに後ろ髪引かれて、つい手に取りました。
夫にこんな生活をしていることを知られる位なら、いっそ内緒でお金を借りたほうが気が楽でしょ?

私はその日のうちにWEBで融資の申し込みをして、あっさりと審査が通ったのです。

専業主婦が融資を何度も…というわけにはいかないでしょうし、
これからはご近所さんとの交流はほどほどにしつつ、時々は思い切りストレス発散しますよ!

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

専業主婦が夫に内緒で融資を受けられますか?

専業主婦に急な出費はつきものです。

冠婚葬祭などのやむを得ない事情なら、夫に相談すればいい話ですよね?それができないから、困っている訳で…。
まさか、スロットで生活費を使い込んだなんて言えるはずもないし…。

そんな時に使えるのが、専業主婦でも申し込みOKのカードローンでした。

完全に収入がない場合の融資額は限度があるものの、決まった金額の範囲なら夫の収入証明も不要です。

これなら家族に内緒にできますよね。
必要な書類があることで、何に使うの?と余計な詮索をされますので、なるべくシンプルに手続きが済むのがベストです。

専業主婦だからと言って、お金を借りることを諦めている世の中の女性にぜひ勇気をもっていただきたいと思います。

スピーディーに融資を受けるコツはありますか?

お金というものは、どうしても急に必要になることが多いですよね。

すぐに必要なのに、融資に時間がかかってしまう可能性も避けられません。
そこでオススメなのが、いざという時に備えてローンカードを作っておくことです。

必要な日が休日だった場合はWEBで申し込みができたとしても、
事務処理は営業日に行われますので、タイムラグが出る場合もありますしね。

もちろん、事前に手続きできなかった時はスピード融資を使えばOKです!

専業主婦の場合は審査が厳しい場合もあるので、
必ず希望する業者からお金を融資してもらえるという保証はどこにもありません。

こうして急に備えておくことで、どうしても今日中にお金が必要…といった場面にも対応できますし、
必要がなければカードローンを使わないという選択もアリなんですよ。

お金が必要になってから申し込むのはトイレットペーパーがなくなったから、買いに行くのと同じです。

万が一、どの店でもトイレットペーパーが品切れだったとしたら…怖い話です。
お金だって同じ、何事も早めが肝心ですよ。

融資後の返済手段はどういった方法になりますか?

お金を借りるときに忘れがちなのは、返済です。

借りたお金は返すことが前提なのですから、あらかじめ返済方法や
毎月の返済額のシミュレーション行うのは、自分を守るために必要ですよね。

返済については、毎月決まった日を返済日としている場合や任意返済といって、
自分の都合に合わせてATMで入金をするといった方法など様々です。

忙しくて、ATMに行く暇がないわ…という場合は、自動口座引き落としにすることもできるので、
意外と自由に選択できるようになっています。

うっかり返済を忘れた…ということがないように、自分に合った方法で完済を目指しましょう!

万が一忘れたときの代償は、想像以上に大きいことを忘れないようにしてくださいね。