バイクローンを利用して大型二輪を購入した体験談

憧れの大型バイクをバイクローンで購入(男性/20代)

男性/20代バイクには目がない20代の男です。

友達から“バイク野郎”という称号をいただくほど、バイクへの情熱が止まらない人生を送っています。16歳で原付免許を取得すると、さっそく貯めたお年玉で20万円の新品原付を購入しました。

高校卒業してからは、普通免許よりまず大型二輪の免許を取ったほどです。

しかしさすがに、大学に通いながら憧れの大型バイクの購入はあきらめるしかなかったです。大学の4年間はまさにバイクを買いたい症候群との闘い、葛藤の中で悶々と過ごしたといえます。

そして大学を卒業し、晴れて社会人となってからは、“これで堂々とバイクを購入できる”という喜びに包まれました。

もちろん、社会人に毛が生えた程度の新米社員では、憧れの大型バイクを購入する余裕はありません
そこで武器になるのがバイクローンです。

ネットでどのバイクローンを活用するといいか、金利は返済方法など、
使いやすさを調べて完済までのシミュレーションをしました。

その結果、銀行のカードローンが払う利息も少なく、
確かな信用でローンを組めると自分なりに判断し、銀行に足を運びました。

そしてバイクの購入契約も済ませ、晴れて大型二輪デビューが叶ったわけです。

返済はまだまだ終わりませんが、手に入れた愛しのバイクがあれば、苦にはなりません。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

バイクローンとは何ですか?

バイクローンとは、その名の通りバイクの購入費用に使うためのローンです。

マイカーローンや住宅ローンといった目的ローンがありますけど、あれのバイク版といったところですね。
バイクを買うにはバイクの本体費用の他、色々な経費がかかります。

税金や保険料、印紙代、手数料などとにかくお金がかかるんです。

だから、バイクを自費で一括購入する人は一部の資産家くらいで、
僕たち一般庶民はバイクローンを活用することになるわけです。

バイクローンのサービスを提供してくれる金融機関はたくさんあります。銀行や信販会社、消費者金融系などですね。

また、バイクメーカーとクレジット会社が提携するローン商品もあり、
その中から自分に合ったローンを選んでいくことになります。

バイクローンを選ぶ基準は?

これは、“何をもっとも重視するか”で決まってくると思います。

金利や審査の通りやすさ、返済方法、手続き面など人それぞれ何を重視するかは異なります。

“バイクローンは金利がもっとも低いところを選ぼう”と思えば、
金利が低くて利息の支払いが安く済むローンを選べばいいわけです。

審査の通りやすさを第一の基準に考えれば、消費者金融系のカードローンがおすすめです。

ちなみに、もっとも低金利でローンを組んでくれるところは銀行系のカードローンといわれます。
僕は後々の返済のことも考えて、利息額が抑えられる銀行系のカードローンを選択しました。

もっとも、消費者金融より審査が厳しいことで知られ、収入面で自信のない方にはおすすめできませんが…。

しかし、審査に通らなければバイクローンの活用もできないし、バイクの購入は遠ざかるばかりですよね。

返済シミュレーションをやってみて、“○○年以内に完済できる”という目途が立てば、
多少金利が高くてもローンを組む価値はあるでしょう。

バイクローンの審査では何を重視されますか?

これは他のローン商品と同じく、返済能力があるか否かがもっとも大きいでしょうね。

お金を貸す業者や金融機関からしてみれば、貸したお金が戻ってこなければ大きな損益を出してしまいます。
また、過去に借入の経験があって、その時の返済姿勢に問題があれば、業者も判断を渋るでしょう。

逆に、“この人にお金を貸しても大丈夫だな”という安心感と信頼感を与えるような材料があれば、
どのローンでも審査は簡単に通るでしょうね。

安定した収入を確保するには、まずは仕事をしていなければいけませんね。

アルバイトでも融資に応じてくれるところはありますが、
収入の安定性を考えれば正社員が有利なのはいうまでもありません。

僕もそのようなことを踏まえて、社会人になるまでバイクの購入を辛抱したんです。

真面目に仕事をして確かな収入を得て、返済もしっかりやる態度を示すことが
バイクローンの審査を突破する第一条件ですね。