こんな私でもフリーローンでお金を借りられた

フリーターでもお金を借りられた(女性/30代)

女性/30代フリーターで働きながらお金を稼いでいます。

美大を卒業してから就職するかどうか、学生の頃はかなり悩みました。でも、結局最後まで就職活動をしないままで卒業に至り、フリーターとして生計を立てることになりました。

今は学生の頃から続けている制作をしながら、画材店でアルバイトをしています。

正社員として働いている友達の話を聞いて焦ることもありますが、
自分で選んだ道ですからできることを地道に続けるしかないと思っています。

そんな生活に満足はしているのですが、時々どうしても
アルバイト代だけではお金が足りなくなることがあります

画材を買うときもそうですが、制作した作品をイベントに出すとなると、さらにお金がかかるのです。
都内でひとり暮らしをしているので、家賃などの生活費もそれなりにかかります。

せめて、忙しいイベントの時期だけでも少しお金を借りられたらと思っていました。

そんな時に同じようにフリーターとして働いている友達から、フリーローンのことを聞きました。
アルバイトでもお金を借りられて、自由に使えるお金があるということでした。

それほど収入はないのですが、アルバイトを長く続けていれば
お金を借りられると聞いたので、申し込みをしてみることにしたのです。

お金を借りると使い過ぎてしまうのではないかと不安でしたが、きちんと限度額も設定されていて安心できました。

よくある質問

フリーローンってどんなサービス?

フリーローンというのは、使い道が定められていない融資のサービスのことです。

通常、ローンと聞くと住宅ローンやマイカーローンなど、使い道が定められているものを思い浮かべますよね。
フリーローンには、そのような使い道の制約がありません。

借りたお金はどんなことに使っても大丈夫です。

私の場合は少し高めの画材を買う時やイベントの申込みの時など、一気にお金がなくなる時に利用することが多いです。
また、時には生活費が足りなくて利用することもあります。

借りたお金は少しずつ無理なく返済できるので、
クレジットカードのように翌日に一気に引き落とされる心配がありません。

様々なシーンで活躍してくれるので、持っていたら便利だと思います。

アルバイトでも審査に通れますか?

フリーローンの審査には、アルバイトでも合格できます

また、パートや契約社員でも利用できますから、気になったら申し込みしてみてはいかがでしょうか。
私も最初は自分のアルバイトの収入が少ないのでお金を借りられないのではないかと迷っていました。

でも、審査では収入の高さよりも続けて働いた年数を見られるということでしたから、
それなら自分でも使えるのではないかと思ったのです。

結局、申込みしてみるとすんなり融資を受けられました。

キャッシングやカードローンと呼ばれることもあるフリーローンですが、
審査のポイントは同じ職場でどれだけ長く働いたかのようです。

あなたも定期的に収入があるなら、ぜひ申し込みをしてみてください。

消費者金融と銀行カードローンの違いは?

フリーローンのサービスを提供している業者の中でも代表的なのが、消費者金融と銀行です。

消費者金融は、申込みをして審査をして融資を受けるまでの流れがスピーディーなのが特徴です。
また、銀行カードローンよりも審査が甘いと言われることもあります。

銀行カードローンは消費者金融よりも低い金利で借入できるのが特徴です。

最近では、融資までのスピードも消費者金融に劣らず速くなってきています。
そんな消費者金融と銀行カードローンのサービス内容ですが、全体的に見れば違いはほとんどありません。

フリーローンは、お金を借りて利息をつけて返済するサービスです。

あとは、融資までのスピードや利息など自分のニーズに合ったサービスを見つけるのが重要となります。
そのため、消費者金融と銀行カードローンのどちらが良いとは言い切れません。

自分にとってメリットがある方を利用したいところですね。