マジでお金ない。だからカードローンで借りよう

あとちょっと賭ければ勝てると思ったので(男性/30代)

男性/30代若い頃からギャンブルが好きで、結構勝っている方だと思います。一番好きなのは、競馬です。

「今日はこの馬が来るだろう」と予想してバッチリ当たると、
仕事では決して味わえない爽快感があります。

そんな私が初めてカードローンを使ったのは、年に数回の大きなレースの時でした。

その日はなんとなく、第1レースから当たる気がしていました。
そこで実際に賭けてみると、いつもより明らかに当たるのです。

「今日は勝負だ!」と思って、手持ちの金をすべて賭けるつもりでつぎ込みました。
こうして待ちに待った11レースで、私はこれまでの人生で賭けたことのない大金を使いました。

場内にある銀行ATMで、なけなしの貯金も引き出して、まとめて賭けました。

今日で俺は大金持ちに生まれ変わる――と思いきや、肝心のレースに限って予想は大外れしたのです。
もともとたいした貯金があったわけでもないのですが、マジでお金がない状況に追い込まれてしましました。

給料日はまだまだ先です。これからの生活がありますから、
翌日に即日融資を受けられるカードローンの申し込みをして、借入しました。

あの時カードローンを使えなかったら、危うく半月以上を無一文で過ごすことになるところでした。

お財布がピンチになっても大丈夫、足りない分はカードローンで貸してもらいましょう。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

カードローンはギャンブルのためにも借りられる?

カードローンで借りたお金を何のために使うのかは、原則として自由です。

ローンと言えば、マイカーローンとか家のローンとか、なにか目的があってお金を借りるようなイメージがありますよね。
でも、カードローンにはお金を借りるきちんとした理由が必要ありません。

私のようにギャンブルに使う人もいれば、どうしても足りなくなってしまった生活費を補うために利用する人もいます。

とはいえ、ギャンブルのためにお金を借りるのは、あまりいいことではありません。

今回はマジでお金ない状況だったので仕方がなく借入しましたが、
お金は自分の稼ぎに見合った金額を無理なく借りましょう。

その後にきちんと返済できる金額で申請しなければ、そもそも審査に通れないかもしれません……。

お金を借りるには資格がいる?

カードローンでお金を借りるのに特別な資格などは一切必要ありません

消費者金融のカードローンなら、定期的な収入さえあれば誰でも借入できます。正社員でなくても融資は受けられます。

パートやアルバイトとして働いている方でも、毎月決まった収入が入っているならば
お金を借りられますから、ひとまず申し込みしてみてはいかがでしょうか。

ただし、申し込みをする際には必要な書類があります。

まず必ず必要なのが、免許証や健康保険証などの本人確認書類です。
これだけは、手続きのために必要になりますから、用意しておきましょう。

50万円以上の高額の融資を受けるなら、これに加えて収入証明書を提出しなければなりません。

会社で発行された給与明細などが必要ですから、大切に保管しておきましょう。

即日融資を受けるにはどうしたらいい?

マジでお金ない時は、その日のうちにお金を借りたいですよね。

即日融資を受けたいなら、まずはなるべく午前中までに早めに申し込みをしておきましょう。

申し込みがギリギリになってしまったり、手続きに時間がかかったりすると、
その日のうちに借りられない可能性があります。

どうしても不安なら、前日までにあらかじめインターネットから申し込みしておくという手もあります。

消費者金融のホームページから手続きしておけば、当日の申込がさらにスムーズになるので便利です。

それから初歩的なことですが、申請をする時の情報に誤りがないかどうか、
必要な書類をきちんと用意しているかどうか、ミスなく手続きを行うのもポイントです。

即日融資を受けるためには、こういった基本が何よりも重要です。

お金が足りないなら、なるべく早めに借りられるといいですね。