高すぎるメディカルローン!その他方法とは?

さすがに高すぎるメディカルローンの金利(男性/40代)

男性/40代巷で話題のレーシック手術を受けることにしました。

正直メガネはメンテナンスが面倒だし、視力もどんどん落ちてくるので、
前々からなんとかしたいと思っていたんです。

そうはいっても、一番の悩みどころはほとんど貯金がないこと……。

実はフリーターとして生活しているので、一度にまとまったお金を出すのに抵抗があるんですよね。

それでも、このままでは視力が落ちて不便になっていく一方と思い、
一度クリニックに相談だけでもしに行くことにしました。

医師からひととおりの説明を受けた後、このまま手術に同意するかという話になったのですが……
金銭面に問題があることを正直に話しました。

すると、そのクリニック独自で用意しているメディカルローンがあると言うのです。

しかし、パンフレットをもらって帰宅した後、ネットで調べてみて驚きました。
クリニックで提示された医療ローンは、金利があまりに高いのです。

このメディカルローンを使ったら、収入の低い自分は利息分すら払いきれなくなると思い、
消費者金融の低金利なカードローンを利用することになりました。

メディカルローンと聞くと信頼できる雰囲気がありますが、きちんと自分で調べてみなければ分かりませんね。

無事にお金を借りてレーシック手術を受け、今では毎月無理なく返済しています。

よくある質問

メディカルローンは金利が高いのですか?

メディカルローンは金利が高いのかと言うと、利用する業者によって異なるというのが実情です。

一口に医療ローンと言っても、大手の銀行が提供しているものから、クリニック独自に用意しているものまで様々です。
一般的に言って、大手の銀行のメディカルローンは、消費者金融とそれほど変わらない金利で借入できるものがあります。

ただし、クリニックが独自に用意しているローンは相場よりもずっと金利の高い場合がありますから、気をつけましょう。

メディカルローンと言うと聞こえはいいかもしれませんが、
お金を貸してもらえるという点では消費者金融のカードローンと変わりません。

消費者金融のカードローンなら、お金を使う目的が自由なので、医療費以外のお金のピンチでも頼りがいがあります。

お金を借りるのは今回だけとは限りませんから、治療以外の様々な目的で使える
カードローンを利用した方が今後も便利かもしれませんね。

無理なく返済できるのは本当ですか?

カードローンの返済方法は、たとえ大きなお金を借りたとしても、毎月少しずつ返していけるので便利です。

例えばクレジットカードを使った時は、必ず次の月にまとめて支払いをしなければなりませんよね。
ところが、カードローンの場合は、最低でも2000~3000円の決められた金額を返済すればいいのです。

この最低限の返済額のことを、最低返済額と言います。

毎月少しずつしか返済できる余裕がないなら、なるべく最低返済額の少ない業者を選んでみてください。
ただし、いくら低金利のカードローンだとしても借入期間が長ければその分利息が膨らみますから、お気をつけください。

もっとお得にお金を借りる方法はありませんか?

カードローンの中には、無利息サービスを提供している業者があります。

無利息サービスというのは、一定の期間だけ金利がつかなくなるサービスのことです。

大手の消費者金融や銀行カードローンでは、
30日前後の無利息期間が用意されているのが一般的となりつつあります。

借入したあとすぐにお金を返せる見込みがあるなら、
こういったサービスを使うとお得にお金を借りられるかもしれません。

ただし、無利息サービスがあると、その分金利が高く設定されていることもあるので、頭に入れておきましょう。

お得にお金を借りるなら、自分がお金を借りるときのニーズをしっかりと理解しておくのが重要ですよ。
あなたも色んなサービスを比較して、もっとも自分に合った業者を探してみてくださいね。