ローン会社のランキングを参考に借入をしました

ローン会社のランキングを参考に金融会社を選びました(男性/20代)

男性/20代専門学校を卒業してから現在の自動車整備会社で働き始めました。

車関係の仕事に就くのが自分の夢だったので、仕事は楽しくて仕方がないですね。
毎月決まった給料が入るので、何より安定しているのは恵まれているなと思っています。

毎月給料が入るのは恵まれているのですが、浪費に走る傾向なのは否めないところです。

自分の車にかけるお金も半端なく、高級パーツを買っては、
自分好みにカスタマイズしている時が何より幸せを感じる瞬間です。

せっかくカスタマイズした車で休日に遠出するもの楽しみのひとつで——。

高速を使った時には、ETCカードの請求が来てから驚くのは日常茶飯事なんです。
趣味にお金をかけすぎて、どうしても給料日までお金が持たない時があります。

手軽にお金を借りられたらいいな…と考え始めた時でした。

同僚が読んでいた経済雑誌にローン会社のランキングが載っており、つい覗き込んでしまったんです。
興味があるなら読み終えたらあげるよ!と、その雑誌をくれました。

かなり詳しくカードローンの解説があり、インターネットで調べずとも、
自然に利用したいカードローン会社が絞られました

2週間後にはカードローンカードが届き、いざという時に備えることができました

これで自分の趣味に、時間とお金をかけられると思うと今からワクワクしています。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

カードローン会社が1社では足りない場合はどうしますか?

カードローンの契約で限度額が足りないと感じたことはありませんか?

初回は融資額も少なく設定されているので、必要な金額を満たせない場合もあるでしょう。
そんな時に別のカードローン会社の利用を検討するのは当然です——。

しかし、単純に別のカードローンの契約をする前に現在契約している会社で、
限度額の増額審査を検討してみてはいかが
でしょうか。

再度審査は必要になりますが、契約会社を増やすよりも、金利が安く済む場合があります。

カードローンは限度額が低ければ、それだけ金利の設定が高い特徴があります。
複数の会社と契約を交わすよりも増額審査をした方が合理的なのです。

ただし、当然増額しても返済する能力があるかを審査されることになりますので、ご注意ください。

若者に人気のカードローンのサービスは何ですか?

現在のカードローンは、借りる人のニーズに応じて進化を遂げました。

無人契約機で人目を気にせず、カードローンの利用ができる以上に簡単に融資を受けられる時代です。
若者に限らず、日本はいつの間にかスマートフォンを片手に電車に乗る人の姿が当たり前になりました。

子供の頃からパソコンでインターネットに馴染んできた世代の人にとって、
人気なのがカードローンのWEB完結サービス
です。

24時間いつでもどこでもスマートフォンなどの携帯端末やパソコンから利用でき、
誰にも知られずに融資を完了できれば助かります。

職業によっては日中に提携ATMを利用できない方も多いでしょうから、スマートフォンやタブレット端末を利用して、
手の空いた時に申し込んでおくのは、現在のスタンダードと言えるでしょう。

他のローンがある場合は、カードローンは申し込めますか?

車のローンや住宅ローンを組んでいる人が、
新たにカードローンに申し込んでも大丈夫かどうか不安に思う人も多いでしょう。

私もマイカーローンを組んでいたので、これ以上の契約ができるか疑問でした。

車離れが進んできた日本も、まだまだ車の需要は多いですよね。

利用者の年収に関わる問題ではありますが、車のローンを組んでいることで、
カードローンの審査に悪影響を及ぼす可能性は低いです。

住宅ローンに至っては賃貸住宅に住んでいる人より、
すでに信用調査が済んでいるためカードローンの審査が有利に働く場合もあります。

別のローンを抱えていてカードローンには申し込めますので、安心してください。

ただし、別のローンとカードローンの支払いが重なったときに、
生活が成り立つのかを始めにきちんと確認しておく必要はあるでしょう。