個人事業主が借入する方法が知りたいんです

バンドマンの僕が借入した方法を教えます(男性/20代)

男性/20代僕が音楽を始めたのは、幼い頃の親父の影響だと思います。

海外ロックバンドが好きな親父に連れられて、
ドームツアーについていったのは今となっては遠い記憶です。

音楽がこれほどまでに、人を惹きつけるものなのだと幼心に感動していたんでしょうね。

中学生になると、親父からCDを借りて聞いてはJPOPなんて子どもが聴く音楽だ!…と、
同級生を馬鹿にして今考えると恥ずかしいひとコマですよね。

バンドマンというのはお金がかかるものですね。

ただの娯楽とは違い、楽器の購入・維持には素人が聞けばびっくりするほどの費用がかかるのです。
お金が底をついたのは20代半ばでした。

一応ミュージシャンなので、個人事業主として税務署に申告はしていましたが、実態はフリーターと同じです。

お金を借りるときの証明書はアルバイト収入を申告していましたし、都合よく自分の職業を変えていました。
僕はバンドマンは永遠の夢だと思っています。頑張ってもメジャーデビューできないことくらい分かっています。

それでも好きだから続けるだけ…。それ以上に何があるというのでしょうか。

アルバイト収入があったので、なんとかカードローンの審査が通りました

若いのでいくらでも働けばいいし、これからもアルバイトをしながら
ミュージシャンとしての夢を追いかける
つもりです。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

個人事業主でもカードローンを使えますか?

会社を設立するとなると、登記や資本金やらある程度の資金が必要になりますが、
個人事業主は会社ではありませんので、申告自体は簡単です。

ただし、社会的地位で考えると信頼度は低く、銀行などを利用した公的な融資を申し込むのは困難を極めます。

そこで、個人事業主が融資を受けたい時にはどうすればいいのかをご紹介します。
個人事業主の強い味方は、事業者専用ローンです。

事業者専用なので、事業性融資なので総量規制対象外(収入の3分の1まで借入できる)となります。

初回は500万円まで最高1,000万円まで借入が可能になっており、保証人も不要です。
カードローンのようにWEBからでも申し込めるため、とても便利です。

カードローンの返済日にお金がない…どうすればいい?

アルバイトなどの一定の収入があったとしても、病気にならない保証はどこにもありません。

風邪をこじらせて1週間働けなかったとしたら、アルバイト収入は激減してしまうのですから…。
カードローンを利用している人が気を付けたいのが返済日です。

返済日には銀行口座に入金しておくのが当然ですが、病気などのアクシデントで、それができなかったとしたら…。

未払い・滞納・延滞・未払い・遅延といったトラブルは絶対に避けたいですよね。
しかし、きちんとした対応ができなければ、督促になるのです。

返済がどうしても間に合わないなどの問題があれば、すぐに連絡するのが大人のマナーです。

放置すると、以降融資を受けられないなどの措置があるかもしれませんので、緊張感をもって返済を続けていきましょう。

実家暮らしですが、親にカードローンがバレませんか?

親や家族にカードローンの利用を知られたくないのは当然です。

うるさい家族にとやかく言われるのは御免!という人がほとんどだと思います。
では、カードローンがバレてしまう理由は一体何なのでしょうか。

家族や勤務先でバレないようにお金を借りるために、気をつけるべきポイントは次の5つです。

  • 申込み時
  • 本人確認、審査結果報告の電話連絡
  • 勤務先への在籍確認
  • カード・契約書の郵送
  • 利用明細の郵送

上記をなんとかしたい場合の対処法は連絡先を携帯電話のみにする、WEB完結の申し込みを利用する、
家族には内緒にしたい旨を先方に伝えるなど、様々な方法で秘密を守ることができるようになっています。

お金を借りるのはプライベートな問題なので、できれば家族であれ知られたくないのが当然の心理なのですから、
きちんと対処すれば、家族にバレる心配はありませんよ。