個人向けカードローンで生活を立て直しました

お金を借りられるか不安でした(男性/20代)

男性/20代体力には昔から自信がある私は、日雇いの左官職人見習いです。

昔から手に職をつけて働くのが夢で、
親も私にはやりたいことをやってみろと好意的な目線でいてくれます。

職人というのは上下関係の世界ですので、
親方が飲みに行くと言えば、一緒についていくのが流儀です。

景気がよいときは先輩がおごってくれることもあるのですが、
基本的には割り勘に近い清算をするので、稼いだお金が飲み代で消えていくこともしばしば・・・。

それでも、好きな仕事ができるのは幸せでした。

そんな生活を続けていると、どうしても毎月の給料ではお金が足りなくて、親にお金を借りていたのが現状でした。
おそらく、借りている額でいうと数十万単位になっていると思います。

さすがにこれ以上借りたら親に仕事を変えろと言われてしまうかもしれないと思い、
自分の責任は自分で果たそうと思い、個人向けカードローンを申し込んでみることにしました。

借入をすることに抵抗はあるものの、これ以上親に迷惑をかけるわけにはいきません。

カードローンの審査は意外とすんなり終わりました。
日雇いでも、コンスタントに収入があることが評価されたのだと思います。

カードローンで親に借りていたお金も返せたし、どこか自分に自信が生まれ、
これからは先輩の誘いも自分の財布と相談しながら、無理をしない生活を送れる気がしています。

よくある質問

個人向けカードローンはどのように申し込めばいいですか?

個人向けカードローンの利用方法は、色々あります。

インターネットが今は主流ですが、家にパソコンがない人は
ローン契約機、電話、郵送、窓口といった方法で申し込み可能です。

一刻も早くお金が必要であれば、電話でどの手段が一番早いのか尋ねるのもアリですよね。

できれば、借入をするのに対面で申し込むというのは気が引けるものです。
私のように今までローンの経験がないという人も多いでしょうから、シンプルに手続きが済むのが一番です。

今は融資を受けられるまでの時間もそこまでかからないことがほとんどのようです。

審査がスムーズに終了すれば、翌日に指定口座に必要なお金が振り込まれるというのは本当に便利だと思います。

カードローンというとなんとなく敬遠しがちですが、これだけインターネットが普及しているのですから、
パソコンからカードローンを利用する人が多いのでしょうね。

個人向けカードローンはどこがオススメですか?

個人向けカードローンの種類は本当に豊富でどこで申し込みをしたらよいかというのは、本当に迷いどころです。

カードローンは現在、銀行系・クレジット系・専業系・消費者金融系・IT系など様々な会社で展開されています。

身近なのは銀行系でしょうか。職場や自宅の近くにあるところが、利用しやすいというのもありますし、
今はネットで申し込みができ、来店不要というカードローン会社が多いです。

仕事があれば、平日に窓口に行くのは難しいものですからね。

私の場合も仕事でいつ休みが取れるか分からない状況でしたので、
自宅のインターネットを利用して申し込みをしました。

カードローンの会社は選択肢が多く、絞るのは難しいのですが、金利や融資可能額、
申し込みから融資までの期間、用意する書類などを考慮して、自分の価値観で選ぶのがベストです。

キャンペーンなどを行っているところを探すのもひとつの方法だと思います。

個人向けカードローン会社によって何か特徴はありますか?

個人向けカードローンを提供している会社にはそれぞれ打ち出している”セールスポイント”が必ず存在します。

例えば、融資額が300万円以下であれば、所得証明不要!というもの助かる特徴のひとつです。

融資までに急ぐのであれば、消費者金融系のカードローン、金利を抑えたいのであれば、銀行系を検討するなど、
自分の都合と各社の特徴を照らし合わせると、おのずと利用してみたいと思える会社が絞れてくるのではないでしょうか。

カードローンは月々決まった金額での返済になりますので、計画的に返済できるようにしたいものですね。