個人向けローンで憧れの車に手が届いた

個人向けローンが夢を叶えてくれました(男性/50代)

男性/50代子どもの頃から大の車好きでした。

父が乗っていたスポーツカーに憧れて、
「いつか自分もあんな車に乗るんだ!」と意気込んでいました。

それから自動車の専門学校で勉強して、
晴れて自動車整備士になりましたが、現実は甘くありません。

大好きな車のために働く毎日は幸福でしたが、
私の少ない給料ではとてもスポーツカーなんて買えませんでした。

何十年と働き妻子を養っているうちに、あの頃の夢を忘れかけていました。
どうして自動車整備士になったのかも危うく忘れかけていたほどでした。

ところが先日、たまたま通りかかった中古自動車ショップで、
父が乗っていたのと同じ型のスポーツカーを見かけたのです。

新車と比べると、まだ手の届く値段でした。「この車が欲しい!」と、一気に情熱がよみがえってきました。

とはいえ、私の財布は完全に妻に握られておりましたし、
相談したところで「今さらスポーツカーなんて!」と叱られるのが目に見えています。

だから、自分の意見を貫くためにカードローンでお金を借りて、一思いにその車を購入することにしたのです。

買ったあとで妻に事後報告をし、これからもしっかり働いて返済する旨を説明すると、渋々ですがOKをもらえました。
あの時、勇気を出してお金を借りて良かったと思っています。

よくある質問

個人向けローンとはどんなものですか?

個人向けローンというのは、個人に向けて無担保で融資してくれる金融サービスのことです。

いわゆる“カードローン”や“キャッシング”がこれに当たります。
恥ずかしながら、これまでの50年間でお金を借りたことがありませんでした。

だから、初めのうちはこういったサービスに抵抗があったのですが、
今のカードローンは昔とまったく印象が変わっていたので驚きました。

私は大手の消費者金融のカードローンを利用したのですが、
広告の雰囲気も明るく、誰でも気軽に使えるイメージがありますね。

もしも同じように迷っている方がいたら、まずは業者のホームページを見たり、
有人店舗でスタッフの方に相談したりしてみてはいかがでしょうか。

無担保でそんな大金を借りられるのですか?

大金と言っても、私が買った車は中古ですから200万円にも満たないくらいの金額です。

カードローンでは、無担保でこの金額の融資を受けられます
ただし、お金を借りるためには審査を受けなければなりません。

大手の消費者金融では、50万円以上のお金を借りる場合に、“収入証明書類”と言う書類を提出する必要があります。
これは、会社でもらう給与明細や源泉徴収票のことです。

提出物を忘れたり、申し込み内容に誤りがあったりすると審査に受かりませんから、
当日までにしっかり準備しておきましょう。

私はこれまでずっと真面目に働いてきたせいか、きちんと書類を提出したらすぐ審査に受かりました。
それほど高給取りでなくても、毎月定期的に収入があればお金を借りられるようですよ。

奥さんにバレずに融資を受けられましたか?

個人向けローンで融資を受けても配偶者に通知が行くことはありません

夫婦や家族にバレたくないという方でも、安心してお使いいただけます。
私も車を買うまでは妻に秘密でお金を借りていました。

それでもまったく問題ありませんでしたから、配偶者に知られたくない方でも利用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、カードローンの審査には在籍確認と言って、勤め先の会社へ連絡が入ることがあります。
中には、この電話で会社の人にバレてしまうのではないか、と不安になる方も少なくないようですね。

しかし、在籍確認の電話は消費者金融業者とはまったく関係のない個人名でかかってくる上に、
融資についての話題には一切ふれないので、感づかれる可能性はかなり低いと言えるでしょう。

ちょっとしたお金に困ったら、ぜひ個人向けローンに申し込みしてみてください。