借入したい人が知っておきたいキャッシングの基本

こんなに便利なサービスがあるなんて知りませんでした(男性/30代)

男性/30代20代の頃に就職した会社に勤めて、もう8年になります。

今では妻子もいて、すっかりパパとしての暮らしに慣れてきました。
ところが、そんな私には悩みがありまして……。

それは、周りの友人に比べて小遣いが少な過ぎることです。

もちろん、年相応に年収も上がってきましたが、
それにしても妻がとにかく貯金をしなければ不安なようでして。

子どもがいるから仕方ない部分もあるのですが、
こんなに稼いでいるのにどうして毎月貧しいのかとため息をつきたくなります。

小遣いが少ないと抗議しようものなら、子どものことを持ち出して
「親としての自覚がなさすぎる!」なんて言われてしまいます。

妻の言うことは十分に分かるのですが、私だって少しくらい楽しみがあってもいいじゃないかと思います。
これでは、同僚や上司との飲み会にも満足に参加できません

そんな悩みを抱えていたところ、同僚から「それならキャッシングを使えばいいじゃないか」と教えてもらいました。

これまでキャッシングを利用したことのない私は、
こんなに気軽にお金を借りられるサービスがあったのかと驚きました。

これで、子どものことで神経質になっている妻に知られずに、ちょっとした金欠の時に融資を受けられます。

借入したいことは今までにもたくさんあったので、
こんなに便利なサービスがあると知っていたら、もっと早くから使っていたのになあ……。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

キャッシングとはどんなサービスなのでしょうか?

キャッシングとは、気軽にお金を借りられるサービスのことです。

専用のATMで現金を引き出すか、あるいは自分の銀行口座へ振り込みで融資を受けられます。

キャッシングを利用するためには、自動契約機という専用の機械や
インターネットから手続きをして申し込みができるようになっています。

自分にとって都合の良い方法で申し込みをしましょう。

お金を返済する際には、利息という手数料を上乗せして返済します。
返済は専用のATMで行うか、あるいは振込によってお金を返します。

誰にも知られずにお金を借りたい方や、今日中にお金を用意しなければならないという方にもおすすめのサービスです。

1万円程度の少しの金額から借入ができるので、ちょっとしたお小遣いが足りない時にも利用しやすくなっています。

身の回りの人に知られずに借入できる?

借入したいと思っていても、身の回りの人に知られてしまうのが怖いと、なかなか一歩を踏み出せないですよね。

仕事上の立場から、お金を借りていることを周囲に知られるとまずい場合もあるでしょう。
しかし、キャッシングでお金を借りても、いきなり身の回りの人にバレてしまうことはありません

むしろ、気をつけてさえいれば、同居している家族や配偶者にも知られずに利用できるのです。

身の回りの人に知られたくないなら、すべての手続きが
ネット上で完結するネットキャッシングを利用してみてはいかがでしょうか。

店舗へ足を運ぶ必要もなければ、自宅へ余計な書類が送られてくることもないので、人に知られずにお金を借りられます。

とにかく証拠を残したくない人や、忙しくてなかなか外出できない人にもおすすめします。

在籍確認なしでお金を借りられる?

キャッシングの審査には、“在籍確認”という項目があります。

これはキャッシングの業者からあなたの現在の勤め先に電話連絡が入って、
あなたが本当に在籍しているかどうかを確認する手続きです。

そう聞くと、職場になにもかもバレてしまいそうで恐ろしくなりますよね。

しかし、実際に電話口で言われることは「××さんはいらっしゃいますか?」だけで、
向こうの業者の名前は全く出されません。

そのため他の人から見ると、取引先からあなたへ電話がかかってきたように見えるだけです。

それでも在籍確認が心配なら、電話連絡以外の方法で
在籍確認をしてくれる消費者金融を利用する
という方法があります。

社員証など在籍を証明できる書類の提出だけで、電話による確認をしなくても手続きが可能となります。