評判の良いカードローン会社から借入してみませんか?

バンドマンはお金がかかる…。カードローンが助けになりました(男性/20代)

男性/20代私が大学に進学した理由はバンドを続けるのが本当の理由でしたね。

親にはバンドはくだらない娯楽だ!と言われ続けています。
バンドマンというのは、売れるまではお金がないのがほとんどでしょうね。

お金がかかる理由は、ひとつは楽器であとは会場を用意する費用です。

練習する場所の確保が必要になるし、ライブを行うには会場を借りるお金が必要なのです。

ファンがつけば、すぐに回収できるのですが、私たちのようなマイナーバンドは、
自分たちの持ち出しがほとんどになります。

ライブを企画した時は、決まってスマートフォンの通信費が払えない状態になり、
通信手段を失うたびに仲間からブーイングの嵐です。

バンドメンバーのそれぞれがお金に困っていましたので、
どうすれば危機を乗り切れるのかは、日常会話になっていました。

そのうちの一人が、カードローンを利用した話をしていたんです。

アルバイトをしていれば、借入は可能だよと教えてくれました。
評判のよいカードローン会社だからと、後から私にも紹介してくれたのです。

思い切って、カードローンに申し込んでみました

数日後、審査結果がメールで届き、無事に契約が完了したのです。
私は安心感に浸りつつ、絶対にメジャーデビューする!という目標を改めて掲げました

よくある質問

評判のよいカードローン会社はありますか?

私の場合は仲間にカードローン会社を紹介してもらいましたが、
自分でも本当に信用できる会社なのか、冷静に調べてみました。

当然カードローンを比較する際には、メリットだけを見るのではなく、デメリット含めた比較をするのです。

だいたい、インターネットで見ていると、会社毎のセールスポイントが自然にわかってきます。
借りやすい・返しやすい会社がやはり評判がよいカードローンです。

提携するATMが多ければ、借りやすいでしょうし、返済にも便利です。

自分のライフスタイルに合わせて、カードローン会社を選択するようにしましょう。
カードローン会社の口コミなどもありますので、利用してみると評判の良い会社をみつけやすいですね。

バンドマンのような不安定な職業でも融資を受けられますか?

バンドマンにとって、お金の問題をどうやって切り抜けるかは課題です。

例えば、お笑い芸人やバンドマンなど、売れるまでに時間がかかるような職業の場合は
節約が大前提ですが、お金を借りる手段を確保するのも大切です。

バンドマンは、アルバイトなどの副業をしながら、
生計を立てている場合がほとんどですので、職業としてはフリーターになるでしょう。

バンドマンのように不安定な職業の場合、カードローンの融資に不利に働く場合があります。

アルバイトで生計を立てているようであれば、
フリーターとして、申告するのも審査を通りやすくする秘訣でしょう。

バンドとアルバイトであれば、収入が多いほうで申告を行うのは問題はありません。

アルバイトのように定期的な収入があれば、カードローンの利用が可能となります。

カードローンの完済する秘訣はありますか?

カードローンは、今はインターネットで申し込み・融資完了までが行える大変便利になっています。

利便性の向上に伴い、お金を借りている意識が薄くなります。
手軽な分、どんどん利用してしまう点も気を付けなければいけません。

カードローンを完済する秘訣は大きく2点ですので、心得ておくとよいでしょう。

  • 借りる金額は、必要最低限に抑える
  • 融資を受けるまえに、返済計画を立てる

カードローンは、立派な契約行為です。

きちんと責任をもって利用するのがマナーですので、
完済までの生活をシミュレーションするのはとても大切です。

個人の収入に見合ったカードローンの利用は、完済までの期間を短くする秘訣でしょう。

まずは自分にとって有効なカードローンの活用法を、きちんと整理しておくことが大切です。