光熱費が払えないならカードローンがオススメ

無利息でお金を借りられるなんてラッキーです!(男性/30代)

男性/30代ギャンブル好きなのは否定しませんが、
一応、仕事は日雇いで意外に真面目に働いているほうですよ。

時々、仕事帰りにパチンコ屋へ立ち寄ったり、休日に競馬を楽しむことはありますが、
お金を借りてまで賭け事をしないというのが私のスタイルです。

今は正社員の仕事は探しても見つからないし、
手っ取り早く日雇いで稼ぐのが一番だと思っています。

ただし、日雇いで働くことのリスクはいつ仕事が入るか分からないことです。

ひとつの現場から次の仕事までの間が空いてしまうこともあり、
時には家賃が払えないというピンチも今までにも何度か経験しました。

そんなときは決まって、パチンコに行って勝つまで帰らないという無謀なことをして、
今まではなんとか乗り切ってきました。

しかし、先日、風邪をこじらせて肺炎で1週間休んでしまったことで、
今月の光熱費が払えないのは確実というところきました。あと数千円であれば・・・。

私はスマートフォンを使って、30日間無利息というキャッシングを見つけて利用することにしました。

無職でなければ、審査が受けられるということで、さっそくWEB上で必要項目を入力し、あとは回答を待つだけ・・・。
結果として、光熱費の支払いができたのですから、助かったとしか言いようがありません。

無利息の期間に返済も終えることができ、ラッキーとしか言いようがありません。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

日雇いでも審査に通りますか?

カードローンの審査に重視されるのは、定職に就いていて、定期的な収入があるかどうかということです。

私のように日雇い労働という労働形態の場合は定職に就いているとみなされずに、審査が通らないことが一般的です。
日雇いではなく、”派遣社員”と記載するとだいぶ印象が変わってくるようです。

日雇いでも派遣会社に登録しているのであれば、立派な派遣社員です。

正確には日雇い型派遣というスタイルなのですが、
日雇いイコール不安定というイメージは審査する側としては拭えないのです。

アルバイトやパートタイマーと同じかそれ以上の収入があるのに、書類の記載で落とされるのでは納得はいきませんよね。

私の場合も日雇いでローンを申し込む人がいるのかというのは半信半疑でしたので、
ある程度の情報収集はインターネットを通じて行っていたので良かったです。

もし、調べずに日雇いと入力していたら、今頃慌てていたことでしょうね。

まとまったお金が入ったら、全額返済はできますか?

カードローンの支払い方法は金融機関によって変わってきますが、主流とされている方法がリボルビング払いになります。

リボルビング払いとは利用限度枠で利用することができ、返済については回数を決めずに
毎月一定額、または残額の一定比率を支払うというになります。

借り過ぎてしまったと思っても同一金融機関であれば、支払い額が大幅に増加してしまうということもなく、
返済方法としては、毎月の負担が少ないというメリットがあります。

例えば、臨時収入があった際に全額返済してしまうのも可能です。

金融機関の窓口に出向いて、繰り上げ返済したい旨を伝えることで
きれいさっぱり残額を清算できるのは気持ちが良さそうですよね。

返済を忘れたらどうなりますか?

人間ですので、返済を忘れることもありますよね。カードローンの返済に、口座振替を利用している人は多いはずです。

たまたま、引き落としの日に入金しておくのを忘れて、残高不足になるのはよく耳にする話です。
故意でないにしろ、引き落としができないというのは事故情報として記録される場合もあるようです。

ただの失念ではなく、お金の都合ができない場合はそのまま放置しては絶対にいけません。

お金が用意できないとわかった時点で金融機関に連絡を入れるのは、人として当たり前ですよね。
業者にもきっと誠意が伝わるはずですので、その時点で次の方法を探ればいいのです。