学生の免許ローンのおすすめはありますか?

教習所に通う費用に、カードローンの利用を決めました(女性/20代)

女性/20代私は都内の私立大学に通う女子大生です。

20歳になった記念に教習所に通うことに決めました。

親には免許を取ると車が欲しくなる…という理由で止められましたが、
自分で費用を負担するからと強引に許してもらったんです。

就職活動が始まれば免許どころではないし、
社会人になれば教習所に通う時間すら無くなるでしょう。

大学生になってからアルバイトは始めたものの、
免許取得にかかる費用を一括払いできるかと言えば無理な話です。

当然の話ですが、自分で何とかするには免許ローンを検討するのが自然な流れですよね。

私は教習所と提携しているローン会社以外にも、
いくつかの会社の免許ローンを比較してみることにしました。

教習所の入校までには少し時間があり、たっぷりと比較検討することができたのです。

免許ローンを利用するよりも通常のカードローンを利用する方が有効な場合もあり、とても選択に迷いました。
両親にも相談に乗ってもらい、結局は使い勝手のよい通常のカードローンの利用に決めました。

カードローンの場合は免許ローンと違い、使途を証明する手間も省けるのでおすすめです。

今回カードローン会社毎の特徴があるのだと勉強になりましたし、
様々な知識を得られ大人に一歩近づいた気がします。

口コミ人気No1の学生向けカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • アルバイトをしている学生でも借りれる、しかも親への連絡なし
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要でATM手数料も無料、月々の返済額が2000円からと少額に設定できる

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

免許ローンの特徴は何ですか?

運転免許の取得には、それなりのまとまったお金が必要になります。

親に頼れれば一番よいのですが、そうもいかない方のために免許ローンは存在します。

免許ローンは目的別ローンの一種で、免許の取得に使途を限定するローンで、
金利がお得に設定されているのが特徴的です。

ただし、目的別ローンは使用目的が限定されているので、免許ローンであれば、
免許の取得に支払ったという証明が必要になる場合がほとんどです。

例えば、教習所に通うためにアルバイト収入が減少する場合もあるでしょう。

一人暮らしの学生は、食費などの生活費が厳しくなる状況も考えられますので、
免許の取得費用にプラスして融資を受けたい方には不向きなローンかもしれませんね。

目的別ローンはお得なのでしょうか?

ローンの種類には大きく分けて、目的別ローンと多目的ローンに分類されます。

目的別とは、その名の通りローンの使用目的が決まったローンで
用途を限定している分、金利がお得になっています。

ただし、きちんと使用した証明書を提出しなければならず、面倒に感じる方がいるのも事実です。

通常のカードローンは多目的ローンとなっており、何に使おうが本人の自由になっています。

例えば、結婚式の費用のためにブライダルローンを組んだとすると具体的には、
新婚旅行やハネムーン、ウェディングドレスなどの費用に使えます。

しかし、結婚にあたり必要になる引っ越し費用や家財道具などは対象になっておらず、
せっかくローンを組むなら自由に使えた方がいい方には向きません。

目的別ローンもお得ですが、ケースに応じて多目的と目的別を使い分けると良いですね。

学生でもローンを組めますか?

普通自動車免許の取得は18歳から可能ですので、教習所に通う費用のためにローンを組みたい方もいますよね。

通常、未成年者はローンが組めません。

しかし、免許ローンなどの特殊な金融商品の場合は、未成年でも
条件を満たすことでローンの利用が可能な場合
もあります。

各金融会社の申し込み条件や返済方法などをよく確認してから、申し込みましょう。

未成年が免許ローンの申し込める条件例

  • 親権者の同意
  • 口座名義は親権者に限る
  • 18歳未満、高校生の場合は親権者が代理申し込み

免許ローンも立派な融資となりますので、きちんと返済できるよう
プランを立てておくと返済がスムーズになるのでおすすめです。

免許を取得した後は車が欲しい…となる場合もあるので、
早めに免許ローンを完済しておけば、マイカーローンを組む際の負担も減るでしょう。