免許ローンを使ったことはありますか?

息子には社会勉強のために、免許ローンを使わせました(男性/50代)

男性/50代高校を出てから、ずっと配管工の仕事をしてきました。

親父が自営業で配管の仕事を請け負会社を1人で切り盛りしていたので、
自然と手伝うようになっていたからです。

配管は熟練になると、面白みが増す職業というか職人とは歳を重ねれば重ねるほど、
感覚で仕事ができてくるので、ちょうど50代は脂が乗って充実してきます。

私には一人息子がいますが、幼い頃から私の後ろ姿を見て育ってきたからか、
親父の仕事を継ぐと中学生の時から言っていました。

高校くらいは出ろと言っていたので、成績は悪くてもなんとか卒業はしました。

職人はやはり車での移動が多く、運転免許所は必須です。

息子が18歳になったときに免許を取りたいと言ってきましたが、
学校に行くのは構わないが自分でお金は用意しろと言いました。

息子はお金はないけど免許ローンというのがあるので、教習所に通いたいといってきたのでOKしました。

仕事はその間自由に抜ければいいし、早く免許を取って自分で現場に行けるくらいになれば、親としても嬉しいことです。

お金を用意しないのは少々厳しいと言われそうですが、
まとまったお金を手に入れるのがどれほど難しいのかを知ってもらえたらと思っています。

息子はすぐに免許も取得しましたよ。ローンの返済ももうすぐ終わるよ!と明るい顔で元気いっぱい働いています。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

免許ローンって何ですか?

私のような親父世代は、ローンのことなんてさっぱりです。

しかし、今回息子が利用したいと言ってきたので、免許ローンというものが存在することを初めてしまりました。
私もスマートフォンくらいは持っているので、色々と調べましたよ。

免許ローンは名前の通り、運転免許を取得する人が使うローンです。

種類は主に銀行、信販会社、大学生協などが知られています。
銀行系ですと、金利が低い上に限度額が高いことがメリットです。

信販会社になると、主に若者をターゲットにしているため、
ポイントなどの特典が豊富で利用しやすさの点で長けています。

大学生協は、大学生しか利用はできませんが、こちらも金利が低めなのは見逃せません。

もちろん、運転免許を取得するのが若い人だけとは限りませんし、
大型免許などになれば、職業柄取得に来る人も多いでしょう。

金額はそれなりですし、ローンがあると便利なのは確かです。

免許ローンは未成年でも契約してもいいのでしょうか?

ローンとは、お金を借りることです。

未成年者が浪費のためにお金を借りるというシチュエーションはあまり考えられませんが、
学費や運転免許など限定された用途でローンを組みたい人はたくさんいます。

今回の免許ローンについてはどうでしょうか。

運転免許のためのローンは未成年でも組むことは可能ですが、保護者の同意が必要になります。
会社によっては、契約者を未成年名義にすることは可能になっています。

浪費でお金が足りなくなったわけではありませんから、計画的に返済すれば他のローンとは何ら違いはありません。

保護者がきちんとお金の管理をするよう指導してやれば、あとは完済まで一生懸命働こうと思えばいいだけですね。

目的が決まったローンは金利が高いのですか?

目的別ローンとは、使い道が決まったローンのことです。どのようなものがあるかというと…

  • 住宅ローン
  • リフォームローン
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン

目的が限定される分、金利が安いのが特徴です。

当然ながら借りる側に嬉しい条件があればあるほど、審査も厳しくなるのがローンの法則ですよね。
もちろん、年収の確認や提出書類も多くなるでしょう。

ただし、金利だけにとらわれ過ぎると、選択肢が必然的に狭き門になってしまいます。

借りる予定の金額が少なければ、30日間利息無料などのサービスを行う企業もありますので、
自分の返済計画と照らして目的を限定しないフリーローンを選択肢に入れるのもアリですね。