カードローンなら即日でお金を借りることができます

経営が大変だった時期、生活費はカードローンで捻出していました(男性/40代)

男性/40代私を代表にベンチャーとして立ち上がったわが社も、創業から5年を数えます。

今でこそ安定した経営を保っていますが、何度か本当に再起不能かも……
と思わされたタイミングがありました。

発注がまったくない、仕事が来ない
故に従業員に給料を払うことが困難ということが何度かあったのです。

当然ですが、いかなる状況でも働いているスタッフには働いた相当の給与を払わなければなりません。

何度計算しても売り上げと人件費がプラスマイナスゼロ、そんなときは大抵私の給料を0円と考えることでしのいでいました。私の生活費は私名義のカードローンでまかなっていたのです。

即日でお金を借りることができたので、個人的な支払いなども遅れずにすみました。

楽な生活ではありませんでしたが、事業の成功には確信があったのでそれでも耐えていました。
今思うと、よくここまで会社を回してきたなと思います。

ただ、そのかいあって今は人件費の捻出に困窮することはありません

私自身の給料もちゃんと手に入れています。
当時、即日でお金を借りることができるカードローンを利用していなければ今の生活はなかったでしょう。

カードローンは私のような零細企業経営者にとっても強い味方です。

よくある質問

即日融資してくれるのはどんなカードローン業者?

給料がない、貯金もゼロという私の暗黒時代を支えたのはカードローンでした。

みなさんの中にもとにかくお金に困窮しており、今すぐにでもお金が欲しいという方がいるかもしれませんね。
即日融資を行っているカードローン業者について少しお話ししましょう。

即日融資を希望しているなら、大手銀行や大手キャッシング業者にターゲットを絞りましょう

ここで言う大手とは、テレビのCMなどで会社名を聞いたことがあるような銀行、業者です。
こうした銀行、業者の多くが即日融資に対応しています。

しっかりとオフィシャルのホームページを確認して即日融資に対応している旨の記載があれば大丈夫です。

また、即日融資できる方法の確認も忘れないでください。
正しい方法を選ばなければタイミングを逃し、即日にお金を借りることができない場合もあります。

しっかりと下調べをして、自分に合ったカードローン業者に巡り合えるといいですね。

即日にお金を借りたい場合の注意点は?

とにかく急ぎでお金がほしい、というときほど落ち着いて手続きを進める必要があります。

焦りが生むミスは即日融資においては命とりです。手続きにつまずけば、融資が翌日以降になってしまします。
申し込み行程の中でも特に気を付けたいのは、入力情報の誤りです。

最短での融資のためにはWEB申し込みが不可欠ですが、
パソコン慣れしていないとうっかり間違った情報を入力してしまいがちです。

業者は入力情報をもとに申込者の本人確認や職場の在籍確認を行います。
間違った情報では確認に時間がかかるのはおろか、審査に落ちてしまうことさえあるのです。

初歩的なことですが、店舗の営業時間や必要書類を確認しわすれたがために融資が遅れてしまうことも多いものです。

大方の情報はホームページに記載があります。業者のホームページはくまなく目を通しておきましょう。

大きな額でも即日に借りられるの?

カードローンの限度額についても知っておいたほうがいいでしょうね。

実際の限度額はキャッシング業者によってもまちまちですが、およそ500万円程度に設定していることが多いようです。
しかし、即日融資を希望する場合、ある注意点があります。

希望する借入額の大きさに応じて、慎重な審査を要します。

つまり、大きな額を希望するとその分審査が長くなってしまうのです。
そのため、希望額によっては即日に融資を受けることは難しくなってきます

限度額が大きいからといって欲張らず、そのとき必要な最小金額を希望するのが即日融資のカギです。