即日振込にも対応するローンのサービス

うっかりの時に役立つ即日振込(女性/20代)

女性/20代5歳の息子を育てながらパート勤務に励む20代のシングルマザーです。

去年夫と別れ、私が一人息子を引き取ることになりました。
20代のパート暮らしで1人の子どもを育てていくのは容易ではありません。

週5日のファミレス勤務で、夫も毎月養育費を仕送りしてくれるとはいえ、まだまだ足りないくらいです。そんな状況で、アパートの隣に住む隣人とちょっとしたトラブルになりました。

その人はクレーマーみたいな年配のおばさんで私は全く悪くなく向こうの言いがかりなのですが、
この環境では子育てにも影響が出ると考え、引っ越す決断をしました

ほぼ同じ家賃のアパートに引っ越したのですが、その時はパート勤務も午前のみ出勤、
息子の幼稚園の送り迎えもあるなど慌ただしい中での転居でした。

引っ越し代金も払わなければならないので仕事を休むわけにもいかないし、
親の都合で子どもの幼稚園を休ませることもしたくありませんでした。

そんなわけでバタバタしていたこともあり、引っ越し代金の振込期日をすっかり忘れてしまっていたのです。

手元にはまとまったお金がなく、どうすることもできません。
そこで、即日振込をしてくれるカードローン業者に頼みました。

気づいたのが午前中だったので、早めに審査を申し込み、当日融資が可能だったわけです。

お陰で引っ越し業者さんに迷惑をかけずに済みました。
こんなときにすぐに対応してくれるローンサービスがあることにとても感謝です。

よくある質問

どのカードローン業者も即日振込してくれるのでしょうか?

申し込んだその日のうちに現金を振り込んでくれたら、急いでいる人はとても助かりますよね。

しかし、あいにくすべての業者や銀行、信用金庫が即日振込に対応しているわけではありません。

そのため、即日振込してくれるところをホームページなどで調べるか、
事前に電話で問い合わせて確認することが大切ですね。

また、即日振込に対応してくれる業者であっても、夜の遅い時間など営業時間外であれば、
その日のうちに振込というわけにはいかないでしょう。

こちらに都合があるように、業者側にも都合があるので、
対応してくれる時間などをきちんと踏まえた上で申し込む必要がありそうです。

一般的には、午後3時くらいまでに審査を申し込めば即日振込に対応してくれそうです。

それくらいの時間に照準を合わせるために早めに準備して、2時くらいまでに審査と契約を済ませておくといいでしょうね。

時間ギリギリになって申し込んでも審査に時間がかかって間に合わないおそれもあるので、
余裕を持って準備し、申し込みをするに越したことはないでしょう。

即日振込と即日審査の違いは何でしょう?

即日振込とは、申し込みをしたその日までにキャッシングサービスが受けられることです。

即日審査は、その名の通り審査完了が申し込み日に済むことをいいます。
二つの意味を混同する方も多いので、両者は明確に違うことを理解する必要があるでしょう。

即日振込が可能であれば、自然と即日審査もやってくれるわけですが、その逆は必ずしも成立しません。

当日に審査が終わったとしても、その時点で営業時間をオーバーしていれば即日振込で融資は受けられません。
急いでいるときはとくに混同してしまうこともあるので、落ち着いて業者サイドに確認するようにしてください。

ちなみに、ネットキャッシング対応のサービスであれば、24時間365日いつでも申し込めて、
いつでも振込サービスを実施してくれるところもあるようです。

そういう便利なところを事前に調べて有効活用すると、安心感は増すでしょうね。

カードローンって、職場や家族にバレないものでしょうか?

職場の同僚や親兄弟に内緒でカードローンやキャッシングを利用している方も多いでしょう。

私もお金を借りるときは家族の誰にも相談せず独断で決めました。心配する気持ちは分かりますが、大丈夫です。
業者には守秘義務があり、たとえ家族であっても個人情報を漏らすことはありません。

ただし、返済の滞納が何度も続くようなことがあると、家族に連絡がいくかもしれません。

同居していれば、自宅の固定電話にかかってきて家族が問い詰められる可能性もありますので、
返済の滞納や遅延がある場合は早めに業者に連絡するようにしましょう。