困ったときにおすすめしたい即日融資カードローン

生活費もままなりませんでした(女性/30代)

女性/30代今まで働いていた飲食店を辞め、昔から夢だったネイリストに転職することを決めました。

忙しい中スクールに通い、何とか資格を取りました。

未経験可のサロンを見つけ、念願のネイリストとして働き始めたのはいいですが、
経験が浅いため、収入はガクッと落ちてしまいました。

それでも夢だった仕事をしていることを支えに頑張ってきたのですが、
もう生活費もままならなくなり、精神的に追い詰められてしまいました。

不安があるせいか、普段ならもっとうまくできるのに凸凹の施術をしてしまい、お客様を怒らせてしまいました。

ネイリストには向いてなかったのかなとかなり落ち込みました。
このままお金の心配ばかりしていたのでは、悪循環に陥るだけだと思いました。

ひとまずは今月の生活費を何とかしたいと思い、カードローンを利用することにしました。

借りられるまで時間がかかると思っていたのに、即日融資可能なところは意外とたくさんありました。
生活費がちゃんとあると、心に余裕ができて仕事中も生き生きしていられるようになりました。

ネイルに集中できるようになったからか、お客様に次回もあなたにお願いしたいと言ってもらうことができました。

もし生活費もままならないくらい困っているなら、一度カードローンを使ってみるのもおすすめです。

口コミ人気No1のカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • 銀行やコンビニで借入可能、50万円以下の融資なら収入証明書不要
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要で最短30分の審査、返済額は2000円からと少額、返済時のATM手数料無料

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

審査には通るでしょうか?

カードローンの審査は、収入や他社でいくら借り入れているかなどを基準にします。

収入の額よりも、安定した収入があるかどうかの方が重要なようです。
勤続期間の長さも影響します。あまり短いと通りにくくなるようです。

けれど、安定した収入があって他から借り入れがない場合はほぼ通るのではないでしょうか。

初めてカードローンを利用するので審査が不安という方も多いかもしれませんが、
借り入れをしたことがないなら履歴に問題点もないということなので、むしろ有利です。

それでも審査に通るか心配という方は、銀行カードローンよりも消費者金融を選ぶと審査に通りやすくなります。

即日融資に対応しているところが多いというメリットもあります。
ただし、消費者金融の方が金利が高い場合が多いです。

銀行カードローンの審査を優先して受けて、ダメだった場合は消費者金融へ行くのがいいかもしれません。

一つのところに落ちてしまっても、別のところなら受かることもあるので、色々挑戦してみてください。

おすすめの借入先はありますか?

私がおすすめするのは、レディースカードローンです。

ネイリストは女性が多いですが、キャッシングをするとき担当が男性だと、
相談したくても気が引けてしまわないでしょうか。

そういう人には、いくつかの金融会社で行っている、
担当オペレーターがすべて女性で対応してくれるサービスがおすすめです。

お金を借りるときはなるべくなら緊張しないほうがいいですよね。

同じ女性が担当なら、安心感をもって借り入れをすることができると思います。
レディースカードローンは女性ならではの不安や悩みに配慮してくれるサービスです。

初めてカードローンを利用するので、ちょっと抵抗があるという女性は、
ぜひこちらのサービスを検討してみてください。

開業資金にカードローンを利用することはできますか?

私も独立していつかは開業したいと思っているので、
開業資金にカードローンを利用する例については調べてみました。

カードローンを開業資金に使うのは、業者によっては可能です。

カードローンでは、借りたお金は用途を限定せずに使うことができます。
事業者向けのカードローンを用意しているところもあります。

事業者向けローンの場合、審査には若干時間がかかるのですが、金利は優遇されています。

開業するなら資金が必要ですよね。

ネイリストの場合は自宅で開業することもできますが、
それでも設備や広告費などを考えると、100万円くらい用意したいです。

起業したいと思った時、手元にお金がないせいでチャンスを逃してしまうのはもったいないです。

私も将来開業できるようになったら、またカードローンに力を借りたいと思っています。