即日融資可能な意外と借りやすいカードローン

生活費が足りなくなり困っていました(男性/20代)

男性/20代僕はエンジニアとして働いています。現在23歳です。

今年の春から就職とともに上京して、一人暮らしを始めました。
けれど、一人暮らしは想像以上にお金がかかり、生活費に困ってしまいました。

お金のことばかり考えてしまい、不安で仕事にも集中できません。

ミスも多くなってストレスが溜まり、発散したいから余計お金を使ってしまうという悪循環でした。
ついに、給料日まで一週間もあるのに、残金が2000円しかないという事態に陥りました。

どうしてもすぐにお金が欲しかったため、前から気になっていた
即日融資可能のカードローンを利用してみることに決めました。

カードローンの存在は知っていましたが、利用しなかったのは借りる場面を人に見られるのがいやだったからです。

けれど、実際は意外と借りやすいので驚きました。人目につかず借りる方法はいくつもあります。
お金を借りてから前のように給料日はまだ先なのに、お金がなくて青ざめるということがなくなりました。

お金がなくなりそうな時に借りて、生活費に充て、次の月の給料日に返すようにしています。

不安が薄れたことでストレスも減り、前のように無駄なお金を使うことがなくなりました。

少しずつ貯金もできるようになってきたので、早めに返済しようかと思っています。

よくある質問

いくら借り入れましたか?

給料日までなんとかしたかったので、1万円借りました。上限は10万円までだったと思います。

それから、1万円を2か月に1回くらい借りて、翌月返すという生活をしていました。
お金のことが不安で頭から離れない生活をしていたのでは、生活を見直す元気も湧いてきません。

生活を立て直したい方は、一度思い切ってお金を借りてみるのもいいのではないでしょうか。

余裕をもって無駄を見直し、お金を貯めることができると思います。
お金を借りるのは最初は勇気がいるかもしれませんが、案外あっさりしています。

どうしても今すぐお金が必要になったときは、借りやすい方法を選んでキャッシングしてみてください。

また、すぐに欲しい場合は即日融資可能なところを選ぶことも大切です。
場所によっては、審査などに時間がかかる場合もあります。

生活費でお金を借りる人って多いんですか?

カードローンの利用目的の中で生活費、娯楽・交際費はかなり多いようです。

生活費の割合は、42.2%にもなります。

残金が2000円になったときは、僕はやりくりが下手なのかと落ち込みましたが、
給料日前に生活費のお金に困ってしまう人は結構多いみたいです。

誰でもついつい使い過ぎてしまうことはありますよね。

ちゃんとやりくりしている人でも、急な出費が重なったら生活費に困ってしまうことはあると思います。
一人暮らしで足りない生活費を補う金額なら、一度に借りる額はそんなに多くないのではないでしょうか。

僕は給料日まで何とかするために、1万円借りました。

それくらいなら、返すのもそんなに負担にならない額だと思います。

次の月もお金を使い切ってしまったら困りますが、僕はさすがに一度懲りたので、
今度は貯金をしっかりしようと思い、翌月無事に返済できました。

人目につかずに借りることはできますか?

お金を借りるところは、あまり人に見られたくないですよね。

人目が気になるから借りたいのに借りられないという人は結構多いと思います。
けれど、今はネット申し込みも無人契約機もあるので、目立たず借り入れをすることは可能です。

僕が借りたときも、人目が気になった場面は一切ありませんでした。

無人契約機に入るところを見たら、借り入れをするのがわかるじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、
キャッシングのほかにも別の利用目的がついているところが多いのでわからないはずです。

気になる場合は先に調べておくと安心です。