収入証明書不要でお金を借りるにはどうすればいい?

総務にいるお局さんが怖くて(女性/20代)

女性/20代恥ずかしい話ですが、婚活のために少し高い服を用意したくて、
カードローンの利用
を考えていました。

私は現在お付き合いしている男性がいないのですが、先輩から
「早いうちに結婚しなければ良い男性がいなくなる」と言われて、とても焦っています。

就職してすぐに婚活を始めたのですが、やはり婚活パーティーや合コンに出る時は、
それなりの恰好をしていなければならないと実感します。

若い女性を狙いに来るレベルの高い男性は、容姿だけでなく身につけているものからその人の格を見定めているのです。

良い男をゲットするためには、自分の身なりにもそれなりにお金をかけなければなりません。
とはいえ、カードローンの申し込みについて悩んでいることがあります。

以前ネットの情報で、申し込みの際に必要な書類として“収入証明書”が必要だと書かれていたのです。

収入証明書というのは、会社で発行される書類のことですよね。
私は書類をすぐなくしてしまうので、提出が必要となると会社で総務にお願いしなければなりません。

でも、私の会社の総務には怖いお局さんがいて、
理由もなく収入証明書を発行してもらうなんてとてもできない雰囲気なんです。

そんなこともあって、収入証明書が不要のカードローンを探し始めました。

幸いにも、少額の融資であれば収入証明書が不要になるサービスが見つかったので、
今はそちらでお金を借りています。

よくある質問

収入証明書とはどんな書類ですか?

収入証明書というのは、カードローンの申込みの際に
その人がどれくらいの所得を得ているのかを証明する書類のことです。

たとえば、給与支払明細書・源泉徴収票・課税証明書などがこれにあたります。

収入証明書と言われるとあまり聞き覚えがないかもしれませんが、
要するにいつも会社でお給料日にもらっている給与明細のことですよね。

源泉徴収票も、年に1度会社で出してもらっているでしょう。

自営業の方なら、自分で課税証明書の手続きをしているのではないでしょうか。
このように、収入証明書というのは決して手に入れるのが難しい書類ではありません。

ただし、私のように給与明細を毎月見たら捨ててしまっていたり、
会社の人間関係の問題から再発行してもらったりするのが難しいケースも中にはあります。

そういった場合は、収入証明書不要でお金を借りられるサービスを探すしかありません。

収入証明書不要で融資を受けられるサービスはあるの?

カードローンの申込みにおいて必要となる収入証明書ですが、中には収入証明書不要のサービスもあります。

たとえば、大手の消費者金融ですと、50万円以下の借入であれば収入証明書が必要ないと決められている場合があります。
つまり、それほどたくさんお金を借りる予定がなければ、収入証明書不要でお金を借りられるのです。

一方、銀行カードローンでは、100~200万円までなら収入証明書不要で借入できるのが一般的です。

消費者金融よりも限度額がかなり高く設定されているのが特徴です。

いきなりこんなに借り入れする方はあまりいないかもしれませんが、
どうしても収入証明書を提出できないなら利用してみてもいいかもしれませんね。

会社に在籍確認の電話をかけてもらいたくない場合はどうする?

カードローンの申込みには、在籍確認というステップがあります。

これはその人が本当にその会社に所属しているかどうかを確かめるために、職場に電話をかけて確認するというものです。

もちろん、他の人が電話に出た場合に電話口で業者の名前や
用件が話されることはありませんから、ご安心ください。

とはいえ、どうしても会社にだけは電話をかけてほしくないこともありますよね。

そんな時は、申し込みの際に在籍確認の電話をしてほしくない旨を伝えてみましょう。
業者によっては、別の手段で在籍確認をしてくれるところもあります。

電話の代わりに社員証を提出したり、収入証明書類を提出したりすれば
審査に通れることがあるので、覚えておきたいですね。