固定資産税が払えないと、どうなりますか?

固定資産税の支払いに困っていました(女性/20代)

女性/20代私は理系の有名大学の大学院を出てから、
誰もが耳にしたことがある一流企業に研究員として入社しました。

昔から勉強だけには自信があり、男性にモテない分、
自分一人で生きていこうと思う気持ちは誰よりも強かったように思います。

就職して5年でベイエリアに単身用のマンションを購入しました。

私は大学の頃から自分の城を手に入れることを目標にしてきたので、
自分の力で実家を出られた時は本当に感無量でした。

家を手に入れたことで、仕事にも精が出ました。

どこか自分のステータスの象徴のようにも思えましたし、誰にも邪魔されない家の存在は誇りでした。
しかし、マンションを買った2年後に原因不明の体調不良に悩まされ、会社を休職することに・・・。

傷病手当だけではローンの支払いで精いっぱいで、
1年を4期に分割して支払う固定資産税はバカにならない金額です。

「このままでは、払えないのではないか・・・」という不安がよぎりました。

やむを得ない状況だとしても固定資産税を放置すれば、後でどんなペナルティを受けるかは容易に想像できました。

私は税金の滞納だけは避けたいと思い、低金利のカードローンを利用し、
今後に備えて税金を一括払いしました

幸い体調も回復してきたので、あとひと月もすれば会社に復帰できそうだし、
カードローンの返済も計画的にできそうです。

よくある質問

固定資産税とは何ですか?

固定資産税とは、土地や家屋に対して課せられ市町村に収める必要がある地方税です。

納付期限は地方自治体により異なりますが、1期は6月、2期は8月、3期は12月、4期は2月となります。
賃貸住宅に住んでいると、数年ごとに更新料を家賃の数カ月分支払わなければいけないというデメリットがあります。

支払った家賃が戻ることはないので、自分の家を購入したほうが
結果的に資産として残せるのではないかと、マイホーム購入を検討する人も多くいます。

いざ住宅を購入してみると、ローンの支払いに加えて管理費、修繕積立金などの
諸費用の他に固定資産税の存在は意外と忘れられがちです。

新築の場合は軽減措置として、いくらか税金が安く済んでいるのですが、
一定期間を過ぎると一気に高くなるのも固定資産税の特徴です。

私の場合は、まだ軽減措置の範囲でしたが、数万円単位で自動引き落としにしていたので、
絶対に振替不能などの事故のないよう、銀行口座の残高確認はまめに行っていました。

固定資産税を放置して払えないとどうなりますか?

固定資産税を納税期日に払えないと、当然のことながら延滞金が科せられます。

うっかりでは済まされないのが、税金の支払いです。
納税通知書の裏側などの延滞金のことが書かれていますが、予想以上に高い金利が発生します。

私のように自動引き落としの手続きをしていれば、リスクは低くなりますが、
残高がない場合は当然ペナルティが科せられます。

怖いのはそれだけではありません。

固定資産税を放置することで、給料や銀行口座までも差し押さえられてしまうといった事態に発展する可能性もあります。

最終的には、裁判所の令状無しに家を競売にかけられるという最悪の状況になってしまいますので、
簡単に考えてはいけないのが固定資産税ということになりますね。

おすすめのカードローンはありますか?

固定資産税を滞納するくらいなら、賢くカードローンを利用するのがオススメです。

消費者金融系のカードローンでは、30日間無利息の場合もあるのをご存じですか?
給料などが入れば支払いできるといった、一時的な金欠の際には大変ありがたいシステムです。

ただし、一時的に凌げたとしても、同じ状況を何度も繰り返してしまうような状況であれば、思い切って低金利のカードローンを利用してしまえば、またすぐに来るかも知れない危機を避けることが可能です。

固定資産税を放置して、取り返しがつかない事態に陥る前に、
リスクの芽を摘み取ることで大切なマイホームを守りましょう。