夫に内緒でキャッシングってどうすればいいの?

キャッシングを使うことで危機をしのげた (女性/40代)

女性/40代私は普段食品スーパーでパートとして働いています。

パートとして頑張って働いたお給料を使って、自分磨きをするために洋服や化粧品、
美容品はブランド物を買ったり、エステやジムに通ったりなどをしています。

ただ、普段からたくさんのお金を使い過ぎてしまいます。
なるべくパートで稼いだ給料内で収まるよう計画を立てているのですが……。

ある日、どうしても欲しい化粧品があったため、
つい予定外の品を買ってしまいお金が足りなくなってしまいました

たくさんのお金を私の好きなことに費やしているなんて、夫に知られるわけにもいきません。

他にも買いたいものがあるため、夫に内緒でお金を借りることができる方法はないかと考えました。

こうしてインターネットを使って調べていると、
キャッシングという必要なときにお金を借りられる融資サービスを見つけました。

申請の際には本人確認書類や収入証明書、在籍確認、信用情報審査が必要だということで、
夫のいない日中のうちに書類を用意して申し込みしました。

すると、思っていたよりも早くお金を借りることができたのです。

ついに、お金を借りているのを夫に内緒にしながらキャッシングを利用してしまいました。
お買い物は日々のストレス解消のために欠かせない楽しみであるため、とても助かりました。

口コミ人気No1の主婦向けカードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  • 低金利に加えて知名度が高いので安心、口座開設不要でATM手数料も無料
  • 総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でも夫の同意なく借入できる
  • 申込みからカード発行まで最短40分、当日融資も対応可能で急ぎにも最適

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • プロミス → 30日間の無利息サービス、最短1時間融資、パートやアルバイトで収入がある主婦向け

よくある質問

収入が正社員と比べ安い人でも借りられるの?

お金を借入したいけど、正社員と比べて安いパート収入の私でも
利用できるか不安でしたが、結論から言えば大丈夫でした。

たとえ収入が低くても毎月安定して稼げていれば、借入は可能です。

ただ、パートの場合は借入限度額が正社員と比べて低めになってしまいます。

消費者金融の場合は総量規制という法律を定められているため、
その人の年収の3/1しか借りることができないのです。

また、パートですと審査も正社員よりやや厳しめですが、過去に返済が滞る自己破産などに
陥った経験がないならば、審査に通れる可能性は十分にあるでしょう。

申請する上で気を付けることって?

申請する際に必要なものは4つあります。人確認書類、収入証明書、在籍確認、信用情報調査です。

注意が必要なのは収入証明書は収入の確認をする場合に必要な書類なので、
借入する額が50万円以下ならば提出の必要はありません。

次に在籍確認ですが、これは申し込み者が申告した会社で本当に勤めているのかの確認をします。

金融会社が勤務している会社に電話をかけるのは嫌だなと思う方も安心してください。
電話口で金融機関の社名サービス名などは言わず、担当スタッフは自分の名前で名乗るので安心ですよ。

最も審査の中で重要視されているのが信用情報調査です。

ここで見られるのは職業と安定した収入を得られているかどうかです。審査の中では最も重要とされます。

金融機関側としては返済を確実にすることが望ましいため、
安定した収入を得られる職の人にはより多くの金額を貸してくれます。

金融機関からすれば多くの業者のキャッシングを使っている状況は、
返済できるかどうかも怪しいというところでしょう。

多くの金額を借りていると、それだけ負担が増えます。
収入に対して借り入れが多い人は、計画性がないと判断されてしまうため注意しましょう。

どうやって内緒にできたの?

私は夫にばれることなくキャッシングを利用できました。

なぜ内緒にできたかといえば、キャッシングには郵便物なしで借入できる手順があるからです。
まず申し込みはスマートフォンやパソコンから行います、審査結果が出たら残りの手続きは自動契約機で行います。

契約書やカードお金の受け取りはその場でするため、郵送物は発生しません。

ここで気を付けるのは、WEB契約だとカードや契約書が郵送で届いてしまう場合があることです。
WEB明細利用や連絡はメールで受信するようにし、郵送では届かないように設定しておくのが好ましいでしょう。

これさえ気を付ければ、家族に知られるのを防ぐことができますよ。