ローンを活用して女子大生ライフを満喫

学生ローンを使って青春を謳歌中(女性/20代)

女性/20代わりと地味な高校生活を送ったせいか、女子大生になってからは恋に遊びにサークルに、
充実したキャンパスライフを送ろうと心に決めていました。

とはいっても学生の身分でお金もなく、大学に通うための学費も払わなければなりませんので、
プライベートの遊びに使うお金には限界があります。

そこで私が目を付けたのが、学生向けキャッシングです。

いわゆる学生ローンというものですが、この便利なサービスのおかげで
私の大学生活は寂れることなく、生き生きとエネルギッシュにエンジョイできています。

私は軽音部に入って気の合う仲間とバンドを組んでいるのですが、音楽をやるには楽器を買ったり、
ライブをやるための活動費だったり、びっくりするくらいにお金が出て行きます。

でも、お金がないせいで音楽のクオリティは下げたくないし、何よりやせ我慢しちゃ楽しくないですよね。

だから、学生ローンを便利に活用して上手くやり繰りしています。
音楽だけじゃなく、恋のほうも頑張っていますよ。

今付き合っているのは、別の大学の軽音部でドラムを叩いている人で、
夏の合同合宿で仲良しになって付き合うようになりました。

今度、彼とパリに旅行へ行くんです。二人とも初めての海外旅行で、今からドキドキワクワクです。

毎月の返済は決して楽じゃないけれど、自分の人生を有意義に送るためだと思ったら辛くありません。
というわけで、今からアルバイト頑張ってきます!

口コミ人気No1の学生向けカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • アルバイトをしている学生でも借りれる、しかも親への連絡なし
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要でATM手数料も無料、月々の返済額が2000円からと少額に設定できる

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

学生ローンの仕組みを教えてください

私たちお金のない学生のためにあるキャッシング、それが学生ローンです。

学生を対象に貸付けを行っていて、学生ローン専門のサービスもあれば、
大手の消費者金融が展開しているローンもあります。

運転免許証などの身分証明書を準備すれば審査を受けられますし、審査そのものも簡単です。

アルバイトをやってきちんとした収入があれば、ほとんどの場合利用できます。
私なんか、週4日のアルバイトで審査に通りましたよ!

学生ローンの歴史は結構古くて、40年以上学生向けキャッシング一筋でやってこられている業者もあります。

実績とノウハウもしっかりしていて、信頼感は抜群です。
学生なら試してみる価値あり、女子大生の悩みも解決してくれますよ。

学生でも自分名義の保証人なしで借りられるんですか?

学生ローンも他のカードローンやキャッシングと同様、無担保ローンで借りられるサービスです。

そのため、保証人は不要です。親や兄弟に内緒で借りられるから、気楽ですよね。

申込で住所や電話番号などの個人情報を記入するときも家の固定電話じゃなく、
携帯電話を記入すれば、連絡があるときも携帯の番号にかけてくれるから安心です。

業者も学生たちの心情は理解してくれているので、相談すれば親にバレないよう気を配ってくれるはずですよ。

ただし、返済が遅れたときなどは通知が郵便で届く可能性もあるので、そのときは注意が必要です。

もし返済を滞納してしまえば、家族にも迷惑がかかってしまいますよね。
学生だからといって甘えるのではなく、借りたお金は期日までにきちんと返すよう心がけましょう。

学生ローンと教育ローンの違いは何ですか?

学生ローンは、学生を対象にしたローンですが、利用目的は学業に関するものでなくても構いません。

学生生活をサポートする趣旨で提供されているサービスですので、
借りたお金を遊興費や生活費に使っても問題ないわけです。

教育ローンは違います。これは大学の入学金や年間の授業料など、用途は学業関連に限定されます。

その名の通り、教育に特化したローンサービスというわけですね。
もう一つの大きな違いは、教育ローンの借り受け名義人は保護者です。

親が子どもの学費のために借りるという名目なので、親がその名前で借りて返済義務も保護者にあります。

親が学生の子どものために借りて返済するわけですから、
私たち子どもが好き勝手に使えるものじゃないことを理解することが大切ですね。