お金が足りない!学生ローンの審査に通るには

お金がないと友達付き合いもできないんです(男性/20代)

男性/20代地方の進学校に通っていた僕は、ほとんどの地元の友達が実家近くの名前も知られていない大学に通う中、ひとりで都内の有名大学へ進学しました。

両親も、まさか息子がこんな結果を出すとも思っていなかったようです。

こうして、はからずもひとりで東京へ下宿することになりました。しかし、実際に大学へ通ってみると、身の回りがみんなお金持ちのボンボンだったので驚きました。

彼らに話を聞いてみると、都内で生まれ育ち、中学受験をしてエスカレーターで私立の学校へ進学していたようで……。

田舎から意気込んで進学した僕と違って、みんなどこか冷めているようなところがありました。
それでも周りについて行くために、友達付き合いで結構なお金を使っています。

ただでさえ家賃や学費を仕送りでまかなってもらっている身分で、
それほど裕福でもない実家に「仕送りを増やしてほしい」なんて言えるはずもありません。

意味もなく飲み会をしょっちゅうやって、賭け麻雀をやって……。

でも、こういう生活も今しかできないと思うと、お金がないからという理由で遊びを断りたくないんです。
働いてお金を稼ぐのは社会人になってからでも遅くないですから、思い切って申し込みして審査を受けました。

今は学生ローンを使って足りないお金をまかなっています

口コミ人気No1の学生向けカードローン

プロミス

プロミス
  • 30日間の無利息サービスと最短1時間で融資可能なスピードが売り
  • アルバイトをしている学生でも借りれる、しかも親への連絡なし
  • 顧客対応が良いという口コミが多く、信頼性が高くて安心できる

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • 三菱東京UFJ銀行 → 口座開設不要でATM手数料も無料、月々の返済額が2000円からと少額に設定できる

  • モビット → 10秒簡易審査のスピード融資、信頼性が高い三井住友銀行グループ、明細の郵送ストップ可能

よくある質問

学生ローンの審査に通るにはどうすればいいの?

学生ローンでお金を借りるには、まず申し込みをして、審査を受けなければなりません。

審査というのは、本当にお金を貸して大丈夫な人かどうかを判断されるテストのようなものです。
当然、審査に合格しなければ、お金を借りることはできません。

また、立て続けに審査に落ちてしまうと、その後他の業者からお金を借りるのも難しくなります。

だから、融資を受ける前の審査がとても大事なのです。
この審査に通るには、申請したときの情報に嘘や虚偽がないのが前提となります。

それから、申し込みのときに必要な免許証や保険証などの身分証明書類を忘れないことですね。

そしてもっとも重要なことですが、アルバイトで毎月きちんとお金が入ってくる状態にしておくことです。
当たり前ですが、収入がまったくない状態ではお金を借りられません。

実家にバレずにお金を借りられる?

実家の両親は、僕がこんなに浪費ばかりの大学生活を送っているとは思ってもいないでしょう。

学生ローンでお金を借りていることは、絶対に実家に秘密にしておくつもりです。
実際、学生ローンを使っているのが実家にバレることはほとんどないと言われています。

特に、僕のように独り暮らしをしている場合は実家に電話も郵便もありませんから、それほど心配しなくてよさそうです。

ただし、両親と同じ家に住んでいる人はうっかり滞納してしまった時に
請求書が届かないよう、気をつけた方がいいかもしれませんね。

どちらにせよ、学生ローンを使っても滞納さえしなければ、ほとんどのケースで秘密にできるそうです。

毎月アルバイトで働いて、余裕のある時期に少しずつ返済しましょう。

学生ローンとカードローンは違うの?

無担保でお金を貸してくれるサービスには、学生ローンの他にも“カードローン”があるそうですね。

カードローンは社会人向けのサービスというイメージがありますが、実は20歳以上の学生でも利用できるのです。
それなら、学生ローンとカードローンはどう違うのかと言えば、借りられるお金の上限がまったく違います

学生ローンでは最高でも50万円前後しか借りられないのに対して、
社会人が使うカードローンでは500万円以上借りられるところもあります。

学生生活を送っていてそれほどお金を使うことはないかもしれませんが、
使い過ぎが怖いなら念のため学生ローンを使っておいた方が安心かもしれませんね。

あるいは、社会人になってからも続けてお金を借りたいなら、
学生のうちから社会人向けのカードローンを使ってもいいでしょう。