学生でも借りれるローンってどんなもの?

ローンのお陰で好きなことにもお金が使えるように(男性/20代)

男性/20代私は大学で建築を学んでいる学生です。将来建築士になるべく大学で勉強に励んでいます。

学生生活も充実し、日々の生活を順風満帆に過ごしていますが、どうしても解決したいことがあります……それはお金を思いっきり趣味のために使えないことです。

親から仕送りをもらえたらいいのですが、私の家は母が女手一つで学費や
生活費を賄ってくれている状況で、決して家計に余裕があるとは言えません。

そのため、学費や生活費はアルバイトをして自分で稼ぐことになりました。

時にはパーッと遊びたい気持ちになりますが、好きなアーティストのライブを見るお金すら用意できないこともあります。

今の状況を親に相談してお金を借りるべきなのかもしれませんが、
なるべく母に迷惑をかけずにこの状況を改善できないかと悩んでいました。

アルバイトの掛け持ちを増やす、時給のいいアルバイトに変えるなどの方法も考えましたが、
体力的に掛け持ちはキツいのです。

そんな時にインターネットで見かけたのが、学生ローンの情報でした。
このサービスを利用すれば、学生でも足りないお金を借りれると分かったのです。

学生でも20歳を超えていれば申請できるため、安心してお金を借りられます。

お陰で大好きな趣味にもお金を回せるようになり、今では一安心です。

よくある質問

学生ローンはどういう人が使えるの?

学生ローンの利用条件にはいくつか項目があります。まず当たり前ですが、学生であることです。

また、20歳以上でアルバイトをしていて安定した収入が稼げている人も重要なポイントとなっています。
対象年齢以上の歳でも高校生は利用できませんから、お気をつけください。

借りられる金額はアルバイト収入を前提としているため、その値段を基準に借入するわけですから何百万といった限度額を決めることはありませんが、それほど収入が多くなくても利用できるのが学生ローンの特徴と言われています。

そのため週に3日程度の勤務数だとしても、毎月安定した給料をもらえていれば審査に通る可能性は高いです。

どうやって申し込みをするの?

学生ローンの申し込みは基本的には業者の申し込みサイトから行うのが一般的です。

インターネット以外にも店頭で申し込みが可能なところもあります。

電話での申し込みを受け付けているところもあるにはありますが、
個人情報の保護や手続きの手間を考えると、取り扱ってないところが多いです。

学生ローンは審査がやや甘いと言われる代わりに、申し込みのときに必要な項目が非常に多いです。

各項目は業者によって多少の違いはあるものの基本的には、氏名・生年月日・性別・結婚しているか・電話番号、メールアドレス、実家の電話番号住所、どこの学校に通っているか・現在の学年・バイト先の情報・振込先・電話連絡の方法などが聞かれるようです。

ちなみに実家、バイト先、通っている学校の情報を入力する業者が多いですが、
業者からバイト先などに連絡がいったら困るという方も安心してください。

基本業者から記載した連絡先に審査以外で連絡が入るということはないため、心配はありません。

親に内緒で利用できるの?

学生ローンに申し込みたいと思っても、親に心配をかけたくないため内緒で始めたいという方も多いでしょう。

学生ローンは親が保証人になる必要がないので内緒のまま利用するのも可能です。
実家に電話がかかってくることもありません。

多くの業者では、あらかじめ親に内緒で利用したいと伝えれば、こちらの状況を考慮してくれます。

連絡を入れる時間帯も指定できるので、申し込み時に相談するのを忘れないよう心がけましょう。
直接店舗で融資を受けられるシステムや、自分の銀行口座に借入できるシステムもあります。

もっとも親御さんに知られにくい方法を選んでみてください。

ただし、返済が滞って滞納してしまうと、請求書などが郵便で届く可能性があるため気を付けましょう。