教育ローン以外で学生がお金を借りる方法

誰にも言えなかったお金の悩みが解決しました(男性/20代)

男性/20代地方から下宿して独り暮らしをしています。

実は、つい最近までひとりでお金の悩みを抱えていました。でも、誰にも相談できなくて……。
進学を機に独り立ちしてからまだ日も浅いので、誰にも心配をかけたくありませんでした。

そんな時、アルバイトで働いていればお金を借りられるサービスがあると知ったんです。お金に困ったきっかけは、憧れのイベントサークルに入ったことです。

地方に住む高校生だった私は、志望大学のとある大規模イベントサークルに憧れを抱きました。
知名度の高いそのサークルの出身者は就職で優遇され、将来も約束されるそうです。

サークルの会員になってから気づいたのですが、そのサークルは飲み会の頻度が非常に高いです。

まともに参加していると、アルバイト代だけではまかないきれないほどお金を使う時もあります。

他のメンバーはどのようにお金のやり繰りをしているのかと思いきや、
ほとんど皆がお金持ちのご子息のようで、アルバイトをしているようには見えませんでした。

このままではお金の事情で飲み会に参加できず、学年が上がっても
サークルの幹部になれないかもと不安になり、カードローンを利用することに決めました

初めは教育ローンと学生ローンとカードローンの違いも分からなかった私ですが、大きな進歩だったと思います。

よくある質問

教育ローンとカードローンの違いはなんですか?

教育ローンとは、金融機関が学生の保護者に教育費を目的としたお金を貸してくれるローンのことです。

カードローンというのは、目的に縛りがなく誰でもお金を借りられるサービスのことです。

“教育ローン”という名前だと、学生がお金を借りるようなイメージがありましたが、
実際にはまったく別のものだと分かりました。

私のようにお金を借りる初心者のみなさんは、
自分がお金を借りるときに使うのはカードローンだということを覚えておきましょう。

ちなみに、カードローンは20歳以上であれば学生でも利用できます。
お金を借りる条件としては、アルバイトとして働いていて毎月きちんと収入があることです。

会社員ではなくても融資を受けられます。

学生ローンとカードローンの違いは?

教育ローンと似ている名前のものに、学生ローンがあります。

学生ローンは学生を対象に目的に縛りがなく、お金を借りられるサービスのことです。
どちらかというと教育ローンよりもカードローンに似ていますよね。

それでは、学生ローンとカードローンはどう違うのかと言えば、借入限度額が少なめに設定されていることです。

社会人向けのカードローンでは業者によってある程度は異なりますが、
最大で借りられる金額が200万円ほどに設定されています。

それに対して、学生ローンの借入限度額はだいたい50万円くらいです。

あくまで最大で借りられる金額ですから、一気にまとまった金額を借りるわけでもなければ、
あまり気にする必要はないかもしれません。

どうしてカードローンを選んだの?

私がカードローンを選んだのは、なるべく金利の低いサービスを使いたかったからです。

カードローンや学生ローンでお金を借りた時は、利息といってお金を余分に払わなければなりません。
この、利息がどれくらいつくのかを表しているのが金利です。

したがって、金利が高ければ返済するときの金額は高くなるし、金利が低ければ利息も少なくなります。

カードローンを取り扱っている業者は、数多くあります。その中でも、業者によって金利はそれぞれ異なります。

自分がどれくらいの金額のお金を借りようと思っているのか、
どれくらいの期間お金を借りようと思っているのか、条件に合わせて業者選びをしましょう。

消費者金融の中には大手でもかなり低い金利で借入できるところがありますから、ぜひ利用してみてください。

両親や友達に心配をかけずにお金を調達したいなら、カードローンをおすすめします。