学費のローンでおすすめの会社はありますか?

学費の支払いは低金利のカードローンがおすすめです(女性/20代)

女性/20代私は4人兄妹の末っ子です。

兄や姉たちとも歳が近いのですが、全員揃って成績優秀でしたが、
父が早くに病気で他界したことで母が女手ひとつで、私たち4人を育ててくれました。

勉強好きな兄や姉は、奨学金を利用して大学に通っていました。

私も進学するためには自分でお金をなんとかすることで、母を少しでも楽にしてあげたい
という気持ちが強かったのは言うまでもありません。

世渡り上手な反面、人を信じやすい性格の私は友人の勧めで
大学の入学金などの学費全般を高い金利のローンで支払いました。

後から分かったことですが、その子の親が金融会社に勤めていて、親のために私にローンをあっせんしていたのです。

騙されたとまでは言いませんが、奨学金で大学に通っていた兄たちに比べて、
私のローンは金利があまりに高く、すぐにでも借り換えたいと思うようになりました。

私は思い切って、低金利のカードローンに借り換えをすることにしました。

大学4年間の学費を洗い出し、金利の計算をしてみたら、借り換えしたほうがかなりの金利削減になるからです。
おすすめしてくれたのは、私と同じ理由で高い金利でお金を借りた友人でした。

今回私がローンの借り換えたことは長い目でみて、とてもよい判断だったと思います。

よくある質問

学費ローンとは何のことですか?

学費というのは、幼稚園から大学までが一人当たり1,000万円とも言われるほどで、
お子さんが増えるたびに家計を圧迫するということになりますので、学資保険に加入する家族もたくさんいます。

ただ、塾の費用や受験料などを考慮すると、
足りないことがほとんどで子供が社会人になるまでは大変なのが一般的な家計です。

ましてや子供が多くなれば、保険などかけている余裕などありません。

ある程度貯蓄をしながら、足りない分を補填する目的で使われることが多いのが学費ローンです。

学費ローンは入学金や授業料などの費用を補填でき、
また入学金や施設費、教科書代や引っ越し代にも利用することができます。

100万円までの借り入れなら、収入証明も不要で金利も抑えられているため、利用しやすいのが特徴です。

学費ローンを勧める理由は何ですか?

奨学金とは経済的な理由で修学が難しい学生に金銭を給付・貸与する制度です。

そもそも申請を行っても必ずしも通るとは限らず、利用できるかも確実ではありません。
万が一、奨学金の利用ができなかった場合の手段として考えるのは、民間の学費ローンです。

目的が決まったローンということで、金利も抑えられて
います。

奨学金は就職してから返済がスタートするため安心だという考え方もありますが、学費ローンでしたらアルバイトをして少しずつでも返済しておくことができれば、早いうちからローンの返済ができるのであれば、返済も早く終わらせることができますよね。

学費におすすめのローンはありますか?

学費の支払いにオススメのローンはいくつかあります。

各銀行などでも様々なローンが用意されていて、その中に教育ローンというのは必ずと言ってもいいほど用意があります。
また、教育ローンだけでなく、用途が自由な低金利のカードローンもオススメです。

使い道が決められていないことが特徴でお金を使う側からすると、とても便利です。

学費と一言でいっても大学受験のときから考えると、相当な費用がかかるものですよね。
大学の学費の支払いを優先したために、生活費が足りないという事態が起きないとも限りません。

いざというときに、低金利のカードローンを利用できるように準備をしておくのもいいですよ。

私も今回、低金利で負担少ないカードローンに切り替えたことで返済もスムーズにできていますし、
この先も短期間に返済を終えることができる見込みです。

学費のローンを検討する際は決して焦らずに、
自分に合った低金利のカードローンもぜひ選択肢の一つに加えてみてくださいね。