家賃が払えない…そんなときこそカードローンです

フリーランスの辛い時代…生活を支えてくれたカードローン(女性/20代)

女性/20代専門学校を卒業以降、フリーランスのデザイナーとして働いています。

クリエイター系の仕事はどこも厳しいと思いますが、デザイナーも例外ではありません。
私もフリーランスとして個人の仕事を取る一方で、デザイン会社でのバイトもやっています。

いつかはフリーの仕事一本にしたいとは考えていますが、
私のキャリアではまだ難しいのが現状です。

家での作業が中心のため、作業スペースが家に必要になります。
そのためワンルームというわけにはいかず、それなりの広さの家に住んでいます。

家賃は収入的にかなりギリギリのラインなのでフリーの仕事がコンスタントに来なければかなり困ってしまうのですが、
以前に仕事がまったくこない時期がありました

お金がないことは何度かありましたが、そのときばかりは家賃を払えないほどだったので、
はじめてカードローンを利用しました

その後はなんとかフリーの仕事がたくさん舞い込むようになりまして、なんとか生活を立て直しました

低金利のカードローンを選んだのも正解だったようで、それほど苦労せず返済できました。
収入も安定してきましたが、フリーランスということで今後も何があるかはわかりません。

家賃を払うために、またカードローンを利用することはあるかもしれませんね。

よくある質問

家賃が払えないときにカードローンを利用するメリットは?

今月の家賃が払えない……そんなときに選択肢として挙げるのは「大家さんに相談する」、
「借金をして払う」のいずれかではないでしょうか。

私は考えた末にカードローンでお金を用意しました。様々な点でカードローンにメリットがあると感じたのです。

まず、大家さんに相談しても家賃の滞納を受け入れてもらえるかどうかはわかりません。
遅延損害金を請求されてしまうこともあるかもしれませんね。

いずれにせよ、イメージは悪くなってしまうでしょう。

長い期間住むことを考えると、大家さんとの関係を悪くするのは避けたいものです。
親や友人にも迷惑をかけず元気を手に入れる方法として、思いついたのがカードローンだったのです。

店舗に足を運ぶこともなくインターネットで手続きできたので、とても便利でしたね。

お金が手に入るのもすぐで、申し込みした日のうちに振り込みがありました。
低い金利や即日振込の便利さを考えると、お金に困ったときはカードローンを積極的に利用すべきだと思います。

どんなカードローンを選ぶべき?

はじめてのカードローンであれば知識不足から不安を感じることもあります。

無数にあるカードローン業者の中からどれを選べばいいのかわからないですよね。
私も実際に申し込む前にはかなり下調べをしました。

やはり返済のことを考え、低金利のカードローンを選ぶべきだと思います。

具体的には誰でも名前を聞いたことがあるような大手や、
銀行が低金利のカードローンを提供していますので調べてみてください。

大手では手続きも煩雑さがなく、スムーズに現金を手にすることができます。

また、一カ月程度の無金利期間を設けている業者が多いのも魅力ですね。

審査は厳しい?

実際には即日振込されたわけですが、振込前の審査には不安がありました。

なにせ私のフリーの仕事はなかなか安定していません。バイトの収入で、審査に通るのかは心配だったのです。
そんな私でも審査に通ったので、そこまで審査は厳しくないと思います。

審査で重視されるのは、収入の多さよりも安定性のようです。

ですから、私のようにバイトの収入を生活の中心にしているような人でも、十部に審査を通過する可能性はあります。
アルバイトということでカードローンの利用を諦めている方も多いかとも思います。

しかし、カードローンの利便性は審査から考えると、むしろ収入が低いアルバイトの方こそ積極的に利用すべきです。

もちろん計画的に利用することが前提にはなりますが、
急にお金が必要になったときなどは強い味方になってくれるはずです。