専業主婦でもお金って借りることができるんですね

専業主婦の友人からお金を借りる相談を受けました(女性/40代)

女性/40代私は子どもの頃から本に囲まれた仕事がしたいと思っていました。

できれば、図書館司書のような穏やかな職業に就けたらいいなと淡い夢を抱きながら、
青春時代を過ごしてきたのですが、まさか実現するとは思いもしませんでした。

夢が簡単に叶ったわけではなく、人知れず努力をしてきたのは言うまでもありません。

私には高校時代からの親友がいて、不思議と私とは真逆の人生を送っていました。

大学時代にすでに結婚前提で彼氏を見つけ、就職が決まったかと思えば、
2年で出産を機に退職…という絵に描いたような流れです。

子どもができると女性はとかく音信不通になりがちですが、
私たちも例外なく連絡を取らない期間が数年あったと思います。

お一人様を満喫していたある日、親友からのLINEが入りました。
専業主婦でもお金を借りることができないか?という相談のような内容でした。

私はすぐに彼女と会い、詳しく話を聞くと、離婚するのでお金が欲しいと…。

親友の相談を無下にするわけにもいかず……。
私は彼女に銀行系カードローンを勧めました

専業主婦にアドバイスできる内容も限られたものでした。

それでも、数か月後会った彼女は活き活きとして、新生活を謳歌していたんです。
正社員の仕事もみつけ、ローンの返済も順調よ!と明るく教えてくれました。

きっと、彼女なら大丈夫と思えた瞬間です。

口コミ人気No1の主婦向けカードローン

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行
  • 低金利に加えて知名度が高いので安心、口座開設不要でATM手数料も無料
  • 総量規制対象外なので、収入がない専業主婦でも夫の同意なく借入できる
  • 申込みからカード発行まで最短40分、当日融資も対応可能で急ぎにも最適

他に下記カードローンも評価が高いです。

  • オリックス銀行 → 限度額800万円なので高額な借入に最適、おまとめローンも可、手続きは全てWeb上で完結

  • プロミス → 30日間の無利息サービス、最短1時間融資、パートやアルバイトで収入がある主婦向け

よくある質問

専業主婦がお金を借りれますか?

専業主婦の定義は今は様々な条件が言われていますが、
基本的に専業主婦(夫)は働いておらず、家事をこなす人を指しています。

家事が専業なので、収入がないのが通常の認識です。

当然収入がなければ、お金を借りても返済できないでしょ?となるのが普通ですから、
収入がない専業主婦の借入はできないと考えてください。

ただし、専業主婦でも資産がある場合は別です。

不動産を所持し、家賃収入などの固定収入があれば、無職とはいえお金を借りるチャンスはあります。

家賃であれば毎月決まったお金があるわけなので、
アルバイトやパートよりも安定した生活が送れている可能性は高いですよね。

きちんと申告すれば、専業主婦でもお金を借りる道があるということですね。

無職でもお金を借入できますよね?

融資を受けるのですから、審査があるのは当然ですよね。

カードローンは個人への信用融資ですので、この人は本当に貸したお金を
返してくれるのかを調べないことには、事業が成り立ちません。

直近2か月間の収入を証明できる書類があるでしょうか?

証明することができないと、申し込みすらできない場合があります。
万が一、無職でもお金を貸しますよ!などと上手い話があるとすれば、違法な闇金かもしれません。

名前も聞いたこともない、広告が電信柱に貼ってあった場合は、大抵が高利貸しだと思えば間違いありません。

カードローンに限らず、お金を借りるためには何らかの職業に就き、返済できるアピールが必要と心得ましょう。

銀行系カードローンのメリットは何ですか?

カードローンには、銀行系・信販系・消費者金融系・IT系など多くの種類になります。

たくさんある中でひとつを選ぶのは難しいのですが、それぞれに特徴がありますので、
比較サイトを利用するなどすれば、自分に合ったカードローンを絞られていきます。

その中で、大きな信頼性とメリットが高いと言われるのが、銀行系カードローンです。

金利が低いのと、限度額が大きいというメリットがあります。

銀行系企業は金融法という法律基づいて運営されているため、
総量規制の対象外となるので、収入による制限を受けないのが特徴です。

ただし、審査が厳しいとも言われますので、確実性を求める方は
サービスが充実した別系統のカードローンを利用するのもアリですね。

今はIT系カードローンも評判がいいですよ。検討対象を広く持つことで、会社ごとの特色が見えて面白いですよ。