朗報!専業主婦でも借りれるローンがありました

ママ友との付き合いは、お金がかかります(女性/30代)

女性/30代専業主婦イコールお気楽と思っていませんか?

それは子供がいないか、手が離れている人のことです。私のように幼稚園に通う子供を持つ母親は、毎日が24時間では足りないと思うのは普通なんですよ。

私は結婚するまでは普通のOLとして10年間働いてきましたが、
旦那が転職をしたので生活は正直苦しいのが現実です。

それでも、夫は子育てにも協力的なので、なんとか私がフォローしていきたいと思っています。

専業主婦でも、時々は子供連れで、ママ友達との付き合いというものがあります。
面倒だとは思いつつ、情報収集のためなので食事会には欠かさず参加しています。

ママ友仲間には少し金銭感覚がズレている人が、一人や二人紛れているものです。

何回かに一度、ものすごく高いセレブが行くお店だったりすることもあり、
そんな時は自分のヘソクリを少しずつ使っているのが現実でした。

他人からみると、きっとバカみたいに思われるでしょうね。

こうして何年かママ友の会に参加していると、いつの間にかOL時代の貯金がなくなりつつありました。
私はダメ元で専業主婦でも申し込めるというカードローンに申し込んでみることに・・・。

どうせ審査など通らないと思っていたのですが、意外なことに利用可能と判断され、
カードローンをいざというときに使えると思ったら、不安な気持ちがだいぶ楽になりました。

よくある質問

専業主婦でも借りれるローンなんてあるの?

子育て中のママで、専業主婦の女性は多いと思います。待機児童の問題で働きたくても働けないママ達も大勢います。

一家の大黒柱だけの収入では、外食もままならないといった厳しい家計状況である場合も少なくありません。
専業主婦でもお金が必要になるときだってありますよね。

生活費が足りないことだってあるし、たまには新しい洋服も欲しいのです。

ママ友たちとの交流もあるし、生活費の中からそうした交際費を捻出するのは、必死なのです・・・。
そんな時に頼れる専業主婦でも借りれるローンは、意外に多くあります

専業主婦・カードローンで検索してみてください。意外にも無職でも申し込みが可能なところがたくさんあるんです。

もちろん無職なので、返済できる限度があると思いますが、一度に借りるのではなく
足りなくなったら利用できるように、申し込みをしておくといざというときに慌てずに済みますよ。

収入がないのになぜ、審査が通ったの?

カードローンを提供している金融機関には営業形態や提携先により、
銀行系・信販系・専業系・IT系などに分かれています。

その中で特殊なのが、銀行系ということになります。

銀行系カードローンは銀行法、つまり総量規制対象外になりますので、
貸金業法で営業している各会社と比較するとお金を借りやすいというのが特徴になります。

収入がなくても家計をともにする主人に安定した給与があれば、お金を借りることが可能です。

銀行系カードローンであれば、一定の金額までは収入の証明が不要な場合もありますし、主婦にとって、強い味方ですね。

カードローンはどこがオススメですか?

お金を借りたいという人は、世の中には想像以上に多くいます。もちろん、やむを得ない事情の場合もあるはずです。

仕事を持っている持っていないに関わらず、お金を借りたいときは借りたいのです。
どうしても・・・の時に備えて、カードローン会社を比較しておくのはいかがでしょう。

現代はインターネット社会で、多くのカードローン会社の中から
自分に合う金融機関を探すのは意外と時間がかかるものなんですよ。

例えば、女性専用や学生向けなど需要を絞っている場合もあれば、
一定期間無金利で貸し出してくれるという会社まであります。

自分がどのくらいの期間で返済できるかを考えて、
できるだけ低金利のカードローン会社を利用できるのがベストです。

会社ごとの特徴をじっくりと見極めて、お得にカードローンを利用したいものですね。